『アネット』公開初日舞台あいさつ レオス・カラックス監督「アダム・ドライバーの顔は猿に似ている。そこが気に入った」

2022年4月2日 / 07:30

古舘寛治(左)とレオス・カラックス監督 (C)エンタメOVO

 映画『アネット』の公開初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、レオス・カラックス監督が登壇した。

 本作は、カラックス監督にとって8年ぶりの新作。アダム・ドライバーとマリオン・コティヤールを主役に迎え、自身初となる全編英語によるダークファンタジー・ロックオペラを展開させた。第74回カンヌ国際映画祭では監督賞を受賞している。

 オムニバス映画『TOKYO!』(08)の一編「メルド」のときに、東京で撮影を行ったカラックス監督は「これまでは秋に来ていたので、桜の季節に来日するのは始めて。東京の街を歩いて思うのは、エレガントな部分と猥雑(わいざつ)な部分が同居していること。それがとても面白い」と印象を語った。

 カラックス監督は、主演のドライバーについて「『GIRLS』というテレビシリーズを見たときに、『不思議な男性だな』と感じて、カメラで撮りたいと思った。彼の顔って猿に似ているよね。そこが気に入った。僕は小さいころに猿を飼っていたことがあるぐらい猿が好きなんだ」と明かした。

 また、本作では、歌が本職ではないドライバーやコティヤールらが何曲も歌っている。それについてカラックス監督は「今回は演技をしながら歌ってもらい、同時録音を行った。だけど彼らは歌が得意なわけではないから、ちょっと不安定な演技になるのがかえってよかった。僕は身体的表現がうまい役者が好きなんだけど、今回は、彼らが演技よりも歌に挑戦しているところが美しいと思った」と語った。

 イベントの後半には、本作に医師役で出演した古舘寛治が客席から飛び入り参加。「カラックス監督は、気難しい人みたいに聞いていたけど、実際に会ったら全くそんなことはなくて。すごく穏やかで、撮影というものが本来持つ楽しさみたいなものを思い出させてくれる人で楽しかった」と語った。

 また、脚本を読んだ際に、歌う役だったため、「採用されないだろうな」と思ったという古舘だが、カラックス監督は「古舘さんを起用した最大の理由は、一番歌が下手だったからなんだ」と明かして客席を沸かせた。


芸能ニュースNEWS

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top