妻夫木聡、水原希子と「朝から晩まで…」 “ディープキス”指摘されるも「演出!」

2017年8月30日 / 09:56

(左から)吉村由美、大貫亜美、妻夫木聡、水原希子

 映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』のスペシャルイベントが29日、東京都内で行われ、出演者の妻夫木聡、水原希子、大根仁監督、原作者の渋谷直角氏、PUFFYほかが出席した。 

 本作は、奥田民生に憧れる35歳の編集者コーロキ(妻夫木)と、周りの男を狂わせる超美人なファッションプレスあかり(水原)との恋の騒動を描いたラブコメディー。

 大根監督は、当初から“水原ありき”で映画化を考えていたそうで「希子ちゃんがOKしなかったらブッキー(妻夫木)には悪いけど、この企画は畳むところだった」と告白。また、過去の監督作『モテキ』よりも「100倍エロい」と話すように、セクシャルなシーンも多い本作だが「希子ちゃんなら、下着の姿もちゅうちょもなくやってくれそうな気がしてた」と水原への期待が大きかったことを明かした。 

 水原も「ついに自分が本当にできそうな役が来たなと思った。彼女は狂わせガールだけど、狂わせにいっているわけではない。面白いと思ったし、このお仕事を頂けてラッキーだった」と“当たり役”を喜んだ。

 劇中では、水原と妻夫木のキスシーンも。大根監督が「何回キスしたかな…?」とつぶやくと、妻夫木は「あなたがさせたんでしょ! 朝、海に行っていきなりチュー。水族館に行ってもチュー。中目黒でチューして、渋谷の雑居ビルでもチューして…朝から晩までチューかよ!」と突っ込みを入れた。

 さらに「ブッキーもどんどんキスがディープになっていったよね」と冗談めかす大根監督に、妻夫木は「あなたの演出でしょ。俺、そんな職権乱用しないですよ」と慌てて抗議。「『もっといっぱい舌出して』と言ってたじゃん!」とあくまで監督の指示によるものだと強調して、笑いを誘った。

 そんな妻夫木も、水原の女優魂には感服した様子。「普通の女優さんだったら、ナイーヴになるような役だけど、希子ちゃんは自ら脱ぎます!ぐらいの勢いだった」と振り返り「僕はそんな希子ちゃんを愛するだけでよかったので助けられた。希子ちゃんが輝けば輝くほど、僕も翻弄(ほんろう)されていい表情を撮ってもらえた」と感謝していた。

 映画は9月16日から公開。

役で朝から晩まで水原希子(右)とチューしたという妻夫木聡


芸能ニュースNEWS

中島健人、先輩たちの物まねを披露 本人に許可なし「すぐに連絡メールをします」

映画2018年12月10日

 映画『ニセコイ』の公開直前イベントが10日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、中条あやみと、物まねタレントたちが登場した。  本作は、やくざとギャングの抗争を止めるために、強制的に“偽物の恋人=ニセコイ”を演じることになった互いの組織の … 続きを読む

前澤友作、剛力彩芽に受賞の喜びを報告 「来年はもっと地味に活動したい…」

トレンド2018年12月10日

 LINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2018」が10日、東京都内で行われ、受賞者の前澤友作氏、齋藤飛鳥(乃木坂46)、DA PUMP、野生爆弾のくっきーほかが登場した。 続きを読む

土屋太鳳らが、高校バスケ部を激励訪問 フリースロー対決では完敗

映画2018年12月10日

 映画『春待つ僕ら』のバスケ部激励イベントが10日、東京都内の八雲学園中学校高等学校で行われ、出演者の土屋太鳳、北村匠海、小関裕太が登場。ウィンターカップ(全国大会)出場を決めた同校の女子バスケ部の選手たちを激励した。  本作は、一人の女の … 続きを読む

ふぉ~ゆ~松崎祐介「光一くんみたいに続編をやりたい」 林翔太「『滝沢歌舞伎』で勉強したことを出したい」

舞台・ミュージカル2018年12月10日

 舞台「デルフィニア戦記~動乱の序章~」の囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者の松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、佃井皆美、林翔太(ジャニーズJr.)、秋本奈緒美が登場した。  本作は、人気ファンタジー小説を舞台化したシリーズ第2弾。デルフィニア … 続きを読む

草なぎ剛「新しい地図」の2年目を振り返る 「3人とも、好きなことができていることに感謝」

舞台・ミュージカル2018年12月8日

 音楽劇「道」フォトコール&囲み取材会が8日、東京都内の日生劇場で行われ、出演者の草なぎ剛ほかが出席した。  本作は、名作映画『道』を舞台化したもの。純真無垢(むく)なジェルソミーナ(蒔田彩珠)が、貧困にあえぐ家族のために、粗暴な大道芸人ザ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top