広瀬すず、Perfumeから絶賛 「なんだかもう泣きそう」

2016年3月2日 / 20:44
主人公を演じる広瀬すず

主人公を演じる広瀬すず

 映画『ちはやふる』公開記念ひなまつり前夜祭“ちはや女子会”が2日、東京都内で行われ、出演者の広瀬すず、上白石萌音のほか、スペシャルゲストとして主題歌を歌うPerfumeがファンへのサプライズで出席した。

 末次由紀氏による同名人気コミックスを実写映画化したこの作品は、“競技かるた=百人一首”に情熱をかける高校生たちの友情・恋愛・成長を描く。晴れやかな振袖に身を包んだ広瀬と上白石は「かわいいね~!」と声を合わせて互いを褒め合った。

 Perfumeの3人も遅れて袴姿で登場し、映画のために書き下ろされた主題歌「FLASH」の振り付けの一部をレクチャー。広瀬は「本当に偶然なんですが、現場のキャストみんなでPerfumeさんの曲をずっと歌って踊っていたんです。そのあと主題歌と聞いた瞬間に、みんなで『え? 奇跡だ!』となりました」と驚きを振り返った。

 もともと原作ファンだったというかしゆかも「自分たちが主題歌をさせてもらえるなんて思っていなかったし、さらに現場で歌っていてくれたなんてびっくりです」と笑顔を見せ、「ニュースで映画化決定と聞いて、主役がすずちゃんだと知って絶対に見に行こうねと3人で話していたんです。その後に主題歌のお話を聞いて…」とこちらも偶然の喜びを語った。

 ひと足先に映画を見たあ~ちゃんは「一瞬一瞬を戦っていて、その一瞬にかける思いや競技かるたが本当に好きだという千早の強い気持ち、みんながまとまって戦っていくきずな。自分たちも15年チームでやっているので、共感できるところがあって感動しました」とあふれる思いを語り、赤面の広瀬は「なんだかもう泣きそうだねえ」と感激した様子だった。

 また、それぞれが劇中の“胸キュンシーン”を語っていく中、のっちは「シーンというより、新(真剣佑)の福井弁が好きです。優しい感じで方言萌えですね」と明かして笑わせた。主人公の千早を演じた広瀬は、野村周平演じる太一におんぶされるシーンを挙げ、「太一はどんな気持ちだったんだろうと思いました。だって好きな人の顔がここ(の至近距離)にあるんですよ。そんなの耐えられない~」と乙女心をのぞかせ、もだえていた。

 作品愛やキャラクターへのときめきなどを語り合い、のっちは「こうやってみんなで一つのことについて話すのも楽しいね」と女子会をおおいに堪能したようで、広瀬も最後に「すごく楽しい女子会を開いてくださってありがとうございます。ときめきと可能性と青春と少しの恋心が混ざった熱い映画になっています」とアピールしていた。

 映画は上の句が3月19日から、下の句が4月29日から2部作連続ロードショー。

(左から)Perfumeの3人、広瀬すず、上白石萌音

(左から)Perfumeの3人、広瀬すず、上白石萌音

 


芸能ニュース

初日を迎えた「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」

東山紀之、公演初日にキスマイと“仮面舞踏会” 「ジャニーさんから『ユー出ちゃいなよ』って言われて…」

舞台・ミュージカル2016年12月3日

  舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の初日公演が3日、東京都内の帝国劇場で行われ、公演前に出演者の玉森裕太、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、内博貴、東山紀之ほかが囲み取材に応じた。  ジャニ … 続きを読む

劇場外で報道陣に対応した高畑充希

高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる

映画2016年12月3日

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が出席した。  本作は、作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化。地方都市の独身OL … 続きを読む

撮影の苦労を振り返った向井理

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

映画2016年12月3日

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。  ドラマシリーズを経て完成 … 続きを読む

作品への思いを語った松雪泰子

松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

映画2016年12月3日

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。  本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作 … 続きを読む

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

授賞式2016年12月3日

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top