広末涼子&滝藤賢一夫妻が娘のパンツに大慌て 『はなちゃんのみそ汁』試写会でハプニング

2015年12月9日 / 14:22
イベントに出席した広末涼子

イベントに出席した広末涼子

 映画『はなちゃんのみそ汁』プレミア試写会が8日、東京都内で行われ、出演者の広末涼子、滝藤賢一、赤松えみなと阿久根知昭監督が出席した。

 本作は、がんでこの世を去った33歳の千恵さんが5歳の娘と夫、家族との日々をつづったブログをもとにした同名エッセーを映画化。みそ汁作りを通して娘に元気に生きていくために大切なことを教えるストーリーを描く。

 広末は「きっとこのお話をご存じの方も多いと思いますのでハンカチをご用意かと思いますが、大丈夫です。悲しい映画ではありません」と語り出し、「たくさん笑って、ご自身の家族のきずなや温かさ、命のありがたさ、健康の喜びを再確認してもらって、思い切り笑って映画を楽しんでいってください」と呼びかけた。

 はなを演じた赤松からはサプライズで「映画に出ることができて本当に楽しかったよ。はなはまだ4歳で、眠いとか寒いとかいっぱいわがまま言って困らせてごめんね。はなは5歳になりました。千恵ママと信吾パパの子どもになれて幸せです。これからもよろしくね」と“両親”への手紙が読まれた。

 広末は「こんなに静かな彼女は初めて見ました。芝居より芝居がうまいんじゃないかと思うくらい。5歳になってお姉ちゃんになったんだね」と目を細めてわが子の成長を喜び、滝藤も「泣かせようとしたな? うれしいですね、現場ではこういうのを聞いたことなかったので。今日こうして会うと、とても大人びてきて、大女優の予感がひしひしとしていますね」と感動した様子だった。

 その後、広末が赤松との撮影の様子を振り返っていると一転、赤松が足をむずがり始め、ついにはスカートをめくり上げてしまうハプニングも。両隣に立っていた広末と滝藤は大慌て。同じタイミングですかさず手で覆い隠すと、広末は「何をしゃべっていたか忘れちゃった」と奔放な愛娘に苦笑を漏らしていた。

 映画は12月19日からテアトル新宿&福岡県内先行ロードショー。来年1月9日から全国拡大ロードショー。

(左から)滝藤賢一、赤松えみな、広末涼子、阿久根知昭監督

(左から)滝藤賢一、赤松えみな、広末涼子、阿久根知昭監督


芸能ニュース

初日を迎えた「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」

東山紀之、公演初日にキスマイと“仮面舞踏会” 「ジャニーさんから『ユー出ちゃいなよ』って言われて…」

舞台・ミュージカル2016年12月3日

  舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」の初日公演が3日、東京都内の帝国劇場で行われ、公演前に出演者の玉森裕太、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、佐藤勝利(Sexy Zone)、内博貴、東山紀之ほかが囲み取材に応じた。  ジャニ … 続きを読む

劇場外で報道陣に対応した高畑充希

高畑充希、交際質問に「内緒です」と笑顔 舞台あいさつ終了後、報道陣の声掛けに応じる

映画2016年12月3日

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、松居大悟監督が出席した。  本作は、作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化。地方都市の独身OL … 続きを読む

撮影の苦労を振り返った向井理

向井理、主演作公開も不安を吐露 「僕もまだ完全には理解できていません」

映画2016年12月3日

 映画『RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡、堤幸彦監督が出席した。  ドラマシリーズを経て完成 … 続きを読む

作品への思いを語った松雪泰子

松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

映画2016年12月3日

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。  本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作 … 続きを読む

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

授賞式2016年12月3日

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で … 続きを読む

more

アクセスランキング RANKING

page top