高橋大輔「才能があったらもっと上にいっていた」 「22歳前の自分はとても見返せない」

2015年8月22日 / 13:12
 トークショーを行った高橋大輔

 トークショーを行った高橋大輔

 フィギュアスケーターの高橋大輔が21日、東京都内で行われた、ブルーレイ&DVD「高橋大輔 The Real Athlete」の発売記念イベントに出席した。

 現在、米国に留学している高橋は一時帰国中。この日は、約2千人のファンに「大ちゃ~ん!」と大歓声で迎えられ、驚きながらも「熱気がガンガン伝わってきます」と満面の笑みを浮かべた。

 20年におよぶスケート人生を膨大な映像でたどる本作について高橋は「応援してくれた人にこうして記録を残せて良かった」としつつ、「自分では見たくない。昔のとか嫌じゃないですか…」と本音を漏らした。

 「特に恥ずかしいのは22歳前、全部。とても見返せない。早送りする」と語った高橋は、その理由について「この思春期のころの眉毛の細さ、口元の緩み、服装のダサさは見るに耐えない」と説明。「もし当時の自分が、目の前にいたら?」と聞かれると「とりあえず『襟足は切れ』、『眉を太くしろ』、『口を閉めろ』と言いますね」と答えて、笑いを誘った。

 一方「自分の才能に気付いたのはいつ?」と聞かれた高橋は「今でも(才能)あるとは思ってない」といい、会場から驚きの声が上がると「(みんな)知っているでしょ?才能があったらもっと(上に)いってますよ」と苦笑い。再び客席から「え~」と不満の声が上がると「こっちが逆にえ~! ですよ。でもありがとうございます」とファンに感謝した。

 同日、テレビ番組で現役復帰を否定した高橋だが、最後のあいさつでは「またアメリカに戻ります。これからどういう目標に向かうのかまだ自分でも分からないけど、皆さんの期待に応えられるようになっていくんじゃないかな。その時はぜひ高橋大輔をよろしくお願いします」と元気よく呼び掛けた。


芸能ニュース

娘の実花さんが撮影した蜷川幸雄さんの遺影

蜷川幸雄さん告別式、1344人らが故人と別れ 大竹しのぶ、藤原竜也、小栗旬らが弔辞

ニュース2016年5月16日

 今月12日に肺炎による多臓器不全のため死去した演出家・蜷川幸雄さん(享年80)の告別式が16日、東京都内の青山葬儀所でしめやかに営まれた。生前の蜷川さんとゆかりがあった、平幹二朗、大竹しのぶ、吉田鋼太郎、小栗旬、藤原竜也が弔辞を読んだ。 … 続きを読む

警察官役で出演する小峠英二

小峠英二、フランス人女優に猛アピール 「僕のケツに乗ってください」

CM2016年5月16日

 「サントリー オランジーナ 新TV―CM発表会」が16日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用された木村文乃、佐藤二朗、バイきんぐの小峠英二、サロメ・デ・マートが登場した。  新CMでは、とある学校を舞台に、フランス人の新米女性教師( … 続きを読む

(左から)カンパニーErthプロデューサーのライト・スコット・グラフトン氏、アウストラロヴェナトル、ガチャピン、恐竜くん

世界のキッズが興奮した大型恐竜パペットが初来日 ガチャピン、恐竜くんと対面

イベント2016年5月16日

 「Erth’s Dinosaur Zoo~ 恐竜どうぶつ園」のマスコミ向け記者会見が15日、東京都内で行われ、オーストラリアから初来日した大型恐竜パペット(アウストラロヴェナトル)と本公演関東ツアーのスペシャルサポーターに就任したガチャピ … 続きを読む

(左から)ムロツヨシ、清水富美加、鈴木亮平、柳楽優弥、片瀬那奈

鈴木亮平“変態ヒーロー”像を熱く語る 清水富美加は広瀬すずをライバル視?!

映画2016年5月14日

 映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、福田雄一監督ほかが登場した。  本作は、パンティをかぶった興奮のパワーで悪を倒す“変態ヒーロー”物語の … 続きを読む

(左から)TETSUHARU、矢田悠祐、平方元基、松村雄基、植原卓也

屋良朝幸、主演ミュージカルは7割がダンス! 「ダンスがなかったらこの仕事も続けていなかった」

舞台・ミュージカル2016年5月14日

 オリジナルミュージカル「THE CIRCUS!」が14日、東京都内で初日を迎え、公演前に出演者の屋良朝幸、越岡裕貴、松村雄基、演出のTETSUHARUほかが会見を行った。  舞台は、荒くれ者たちが所属するサーカス団のメンバーが、ひょんなこ … 続きを読む

more

お知らせ

サイト名の変更について

4月1日からサイト名を「エンタメOVO」に変更いたしました。
「エンタメOVO」は引き続き、テレビを中心に、映画、音楽など各種エンタメニュースを配信するサイトとして強化して参ります。URLや編集部の連絡先については、変更ありません。
今後ともお引き立てを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。

page top