ロバート・ゼメキス」に関連する件の記事

【映画コラム】現実と空想世界が交差する二重構造『マーウェン』

ほぼ週刊映画コラム2019年8月3日

 ヘイトクライム(憎悪犯罪)の被害に遭い、障害を負いながらも、独自の世界観で写したフィギュアの写真で認められたマーク・ホーガンキャンプ(スティーブ・カレル)が、創作活動を通して回復していく姿を実話を基に描いた『マーウェン』が公開中だ。タイトルはマークがミ・・・続きを読む

【映画コラム】シーンに即したビートルズソングが聴きもの『イエスタデイ』

ほぼ週刊映画コラム2016年10月1日

 1967年のノルウェー、オスロを舞台に、ザ・ビートルズに憧れ、「スネイファス」というバンドを結成した4人の少年たちの姿を追った愛すべき青春音楽映画『イエスタデイ』が公開された。 本作は、ベース担当でポール・マッカートニーに心酔するキムと転校生のセシリアとの・・・続きを読む

【映画コラム】最近では珍しい気持ちのいいアメリカ賛歌『ハドソン川の奇跡』

ほぼ週刊映画コラム2016年9月24日

 クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、実話を基に映画化した『ハドソン川の奇跡』が公開された。 2009年1月15日、乗員乗客155人を乗せた航空機が、ニューヨーク上空で突如エンジン停止事故に襲われる。機長のサリー(ハンクス)は、ハドソン川水面・・・続きを読む

【映画コラム】手に汗握りながら、それでも目が離せない『ザ・ウォーク』

ほぼ週刊映画コラム2016年1月23日

 1974年、地上411メートルの道なき空間をワイヤロープ一本でつなぎ、命綱なしで行き来した一人の男の冒険を、実話を基に描いた『ザ・ウォーク』が公開された。  舞台は、当時世界最高層のビルだったニューヨークのツインタワー「ワールドトレードセンター」。主人公のフ・・・続きを読む

レッドカーペットに約400人が登場 「東京国際映画祭」開幕!

TOPICS2015年10月22日

 「第28回東京国際映画祭」が22日に開幕し、オープニングレッドカーペットイベントが行われ、ヒラリー・スワンク、笑福亭鶴瓶、秋元才加、Perfume、宮野真守、島崎遥香(AKB48)、役所広司、松山ケンイチ、北川景子、竹内結子、橋本愛、オダギリジョー、中・・・続きを読む

マーティへ「時空をいじるな、壊すな」 ゼメキス監督、“2015年10月21日”に喜び

TOPICS2015年10月21日

 映画『ザ・ウォーク』の来日記者会見が21日、東京都内で行われ、ロバート・ゼメキス監督とジャック・ラプキープロデューサーが出席した。  1974年に起こった実話をもとにしたこの作品は、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターのツインタワーの間・・・続きを読む

デンゼル・ワシントン「日々ベストを尽くして生きる」 映画『フライト』来日記者会見

ニュース2013年2月20日

 映画『フライト』の来日記者会見が20日、東京都内で行われ、主演のデンゼル・ワシントン、ロバート・ゼメキス監督ほかが出席した。 本作は、奇跡の緊急着陸で多くの命を救った機長の心の軌跡を描いた感動作。ワシントンはアカデミー賞の主演男優賞候補となっている。 ・・・続きを読む

  • 1

アクセスランキング RANKING

page top