戸塚祥太、頼りなくてさえない役柄に共感!? 「自分にシンクロしていた。全然嫌じゃなかった」

2015年4月18日 / 13:14

 (左から)桐谷美玲、田辺誠一、大塚寧々

 映画「恋する(ハート)ヴァンパイア」の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の桐谷美玲、A.B.C-Zの戸塚祥太、田辺誠一、大塚寧々、三戸なつめ、鈴木舞監督が出席した。

 初恋の相手・哲(戸塚)に恋心を抱き続けるバンパイアの少女キイラを演じた桐谷は、「キイラちゃんは恋もいちずでピュア。それだけ強く思える相手と出会えるのってすごい。うらやましいなと思いながら演じました」と撮影を振り返った。

 一方、自身が演じた哲を“壁ドン男子”などと比較し、「正反対」と分析した戸塚は「頼りなくてさえない青年役だったけど、自分自身にも頼りない部分があるし、緊張するとすぐヘラヘラしちゃったり、“大人としてどうかな?”というところがあるのでそういうところがシンクロしてたかな」とコメントした。

 また戸塚は、哲のファッションについても「初デートでは見事なハイウエスト。あれはさすがに女性もショックだと思う」と振り返ったが、桐谷は「でも現場では“ダサ哲くん”人気だった。衣装さんやメークさんが『ダサ哲いいよ~!』ってなってた」と明かした。

 この言葉に気を良くした戸塚は「(哲には)支持者もいるんですよ、ちゃんと。自分としても悪くなかったです。全然嫌じゃなかった。むしろその後の“アフター哲”の方が抵抗があった」と語って、笑いを誘った。

 哲のような男性をどう思うかを聞かれた戸塚は「男はやっぱり硬派がいいと思いますけど…人それぞれ個性がありますから」とあいまいに回答。続いて桐谷が「あの服装はないと思うけど、憎めないところがあるのとかわいらしいのも良い。完璧過ぎないところがいい」と好意的に評価すると、戸塚は「なるほど。完璧過ぎない。だから人と人は支え合えるんだ」とうなずき、再び笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

「ボス恋」玉森裕太の“子犬顔”に「かわい過ぎ」 「俺のこと好き?」がトレンド入り

ドラマ2021年1月20日

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第2話が、19日に放送された。  本作は、ファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公の鈴木奈未(上白石)が、鬼編集長の宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事 … 続きを読む

田中圭が土屋太鳳の物まねを披露 土屋「うまいです」

映画2021年1月20日

 映画『哀愁しんでれら』完成報告会が19日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、田中圭、COCO、石橋凌と渡部亮平監督が登壇した。  本作は、「ただ幸せになりたい」と願う真面目な女性(土屋)が、社会を揺るがすような凶悪事件を起こすまでを描い … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介「4時間で行くから」に 「最高過ぎてほれる」

ドラマ2021年1月19日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第10話が、18日に放送された。  朝顔(上野)の働く法医学教室に、緊急で2体の焼死体の解剖依頼が入った。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)が通う保育園に延長保育を頼み、光 … 続きを読む

松坂桃李、結婚発表後初の公の場に登場 独身時と比べて「健康をより一層大事に」

映画2021年1月19日

 映画『あの頃。』完成報告会見が18日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウと今泉力哉監督が登壇した。  本作は、ハロプロオタクの笑いと涙の日々を描いた青春群像劇。松坂はある日、松浦亜弥 … 続きを読む

山田孝之、主演ミュージカル開幕に気合十分 「嫌なことは忘れて、とにかく笑って」

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」の開幕直前取材が17日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、賀来賢人、小関裕太、三浦宏規、新妻聖子ほかが登壇した。  本作は、イギリスの人気コメディーグループ“モンティ・パイソン”の大ヒ … 続きを読む

page top