綾野剛「自分を認めることも大事なのかな」 毎日映画コンクール“男優主演賞”受賞

2015年2月10日 / 20:04

 (前列左から)安藤サクラ、呉美保監督、熊切和嘉監督、綾野剛、(後列左から)小松菜奈、伊藤英明、鈴木京香、池脇千鶴、登坂広臣

 「第69回 毎日映画コンクール」の表彰式が10日、神奈川県川崎市で行われ、受賞者の綾野剛、安藤サクラ、伊藤英明、池脇千鶴、登坂広臣、小松菜奈、鈴木京香ほかが登壇した。

 『そこのみにて光輝く』で男優主演賞を受賞した綾野は「非常にうれしい。あらためてスタッフ、キャストの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。

 「俳優という職業は自己評価ができないため、他人の評価による賞にはどこか懐疑的だった」という綾野は「今回もこうやって賞を頂くことをどこかで疑っていたのですが、少しずつ“自分のことを認めること”も大事なのかなと同時に教わっている気分です」と語った。

 本作で多くの賞を受賞したが「このままでは『“そこのみ”がよかったね』と言われかねないので、また次の作品にまい進し、自分と戦っていきたい」と決意を新たにした。

 原作、脚本、監督を実姉の安藤桃子氏が務めた『0.5ミリ』で女優主演賞を受賞した安藤は、トロフィーを手に「まさか姉がお金をかき集めて作ったこの作品で受賞できるとは…」と非常に驚いた様子で、姉に感謝するとともに「現場でそれこそ家族を超える愛情でたくさん助けてくださったスタッフの皆さんと(ロケを行った)高知という土地に心からありがとうと伝えたいです」と語り、満面の笑みを浮かべた。

 一方、スポニチグランプリ新人賞は、登坂が『ホットロード』で、小松が『渇き。』でそれぞれ受賞。小松は「こんなすてきな賞を頂き本当にうれしく思います。デビュー作で、こんな大きな役を頂き、すてきな共演者の方々の中で演技させてもらいすごく幸せです」と感謝を述べた。

 同じく初演技となった登坂も「このような名誉な賞を頂き恐縮な気持ちでいっぱい。表現者としてはまだまだ未熟な部分があるので、この賞にふさわしい表現者に成長できるように頑張りたい」とあいさつした。


芸能ニュースNEWS

生田絵梨花、コロナ禍に感じた思いを吐露 「エンタメに触れていないと心が痩せていく」

舞台・ミュージカル2020年7月2日

 シアタークリエ発・新プロジェクト「TOHO MUSICAL LAB.」の制作発表が1日、東京都内で行われ、出演者の生田絵梨花(乃木坂46)、海宝直人、木村達成、田村芽実、妃海風ほかが出席した。  本プロジェクトは、新型コロナの状況を踏まえ … 続きを読む

指原莉乃「アユの尻尾が超うらやましかった」 古市憲寿「浜崎あゆみはただ失恋しただけ」

テレビ2020年7月2日

 タレントの指原莉乃、社会学者の古市憲寿氏、フットボールアワーの後藤輝基が1日に放送されたバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演した。  番組では「J-POPを語りたがる男と女」をテーマにトークを展開した。  J-P … 続きを読む

児嶋一哉、ぺこぱ松陰寺に「時を戻して~」 ファンキー加藤、渡部の不倫の話題に「憂鬱」

テレビ2020年7月2日

 アンジャッシュの児嶋一哉、ヒロミ、ファンキー加藤、ブラックマヨネーズの吉田敬と小杉竜一、ぺこぱの松陰寺太勇とシュウペイほかが、1日放送のバラエティー番組「ホンマでっか!?TV 2時間SP」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、ヒロミが … 続きを読む

大泉洋の出演舞台でPARCO劇場再開 三谷幸喜「大泉洋が雨男で、初日は大雨に」

舞台・ミュージカル2020年7月1日

 PARCO劇場オープニング・シリーズ 三谷幸喜三作品三連発公演「大地(Social Distancing Version)」のフォトコールが7月1日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、山本耕史、竜星涼、栗原英雄、藤井隆、作・演出の三谷幸喜 … 続きを読む

夏フェス施策「#ポカリsky」第2弾が配信開始 「ズーカラデル」「SUPER BEAVER」ら3組が登場

イベント2020年7月1日

 音楽番組専門チャンネル「SPACE SHOWER TV」と「ポカリスエット」(大塚製薬株式会社)のコラボレーションによる、夏フェスのファンに向けたWEBコンテンツ「SPACE SHOWER TV×POCARI SWEAT #ポカリsky  … 続きを読む

page top