綾野剛「自分を認めることも大事なのかな」 毎日映画コンクール“男優主演賞”受賞

2015年2月10日 / 20:04

 (前列左から)安藤サクラ、呉美保監督、熊切和嘉監督、綾野剛、(後列左から)小松菜奈、伊藤英明、鈴木京香、池脇千鶴、登坂広臣

 「第69回 毎日映画コンクール」の表彰式が10日、神奈川県川崎市で行われ、受賞者の綾野剛、安藤サクラ、伊藤英明、池脇千鶴、登坂広臣、小松菜奈、鈴木京香ほかが登壇した。

 『そこのみにて光輝く』で男優主演賞を受賞した綾野は「非常にうれしい。あらためてスタッフ、キャストの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。

 「俳優という職業は自己評価ができないため、他人の評価による賞にはどこか懐疑的だった」という綾野は「今回もこうやって賞を頂くことをどこかで疑っていたのですが、少しずつ“自分のことを認めること”も大事なのかなと同時に教わっている気分です」と語った。

 本作で多くの賞を受賞したが「このままでは『“そこのみ”がよかったね』と言われかねないので、また次の作品にまい進し、自分と戦っていきたい」と決意を新たにした。

 原作、脚本、監督を実姉の安藤桃子氏が務めた『0.5ミリ』で女優主演賞を受賞した安藤は、トロフィーを手に「まさか姉がお金をかき集めて作ったこの作品で受賞できるとは…」と非常に驚いた様子で、姉に感謝するとともに「現場でそれこそ家族を超える愛情でたくさん助けてくださったスタッフの皆さんと(ロケを行った)高知という土地に心からありがとうと伝えたいです」と語り、満面の笑みを浮かべた。

 一方、スポニチグランプリ新人賞は、登坂が『ホットロード』で、小松が『渇き。』でそれぞれ受賞。小松は「こんなすてきな賞を頂き本当にうれしく思います。デビュー作で、こんな大きな役を頂き、すてきな共演者の方々の中で演技させてもらいすごく幸せです」と感謝を述べた。

 同じく初演技となった登坂も「このような名誉な賞を頂き恐縮な気持ちでいっぱい。表現者としてはまだまだ未熟な部分があるので、この賞にふさわしい表現者に成長できるように頑張りたい」とあいさつした。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top