堤真一、痛恨のミスで平謝り  尾野真千子はバリ島で「海に落とされた」

2014年12月11日 / 14:15

(左から)ナオト・インティライミ、尾野真千子、堤真一、玉木宏、李闘士男監督

 映画『神様はバリにいる』ジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、尾野真千子、ナオト・インティライミ、玉木宏と李闘士男監督が出席した。

 待ちに待った初の一般公開に、堤は「この映画は本当に公開されるのかというぐらい、監督が大変な思いをしてきました。そして今日は無料の試写会です!」と大喜びで意気揚々とアピール。ところが有料の試写会だと突っ込まれ、「あ、有料!? すみません、ありがとうございます。もし楽しかったら宣伝してください」と大慌てで平謝りし、笑いを誘った。

 本作が映画初出演となったナオトは「僕のこの場違い感、大丈夫ですか。こういう場が初めてで、何を話したらいいか」と落ち着かない様子。バリ島での撮影を通して3人とは絆を深めたようで、“役者”としても「幼稚園のころからずっとお芝居をやってみたいと思っていましたが、恥ずかしくて言えませんでした。夢がかなって、また一つ夢が生まれた作品です。分からないなりに一生懸命やらせていただきました」と感慨深げに振り返った。

 メーンキャストで紅一点の尾野は、“ジェントルマン”たちとの撮影の様子を問われると「誰がジェントルマンやねん。こう見るとかっこいいですけど、なんででしょうね。こんないたずら好きはいませんよ」と玉木をちらり。「私のポーチにいっぱい草を詰めましたよね。あとはこの男たち3人が団結して私のことを海に落としました」とバリ島での仲むつまじい和やかなエピソードを明かした。

 また、実話から生まれた“開運エンターテインメント”の本作にちなみ、お金に関する苦労話について堤は「苦労とは思っていませんが、二十歳になる2日ぐらい前に東京に出てきて、27歳ぐらいまで家賃2万円の四畳半で暮らしていました。まあ、食べられなかったです」としみじみ。尾野も「二十四、五歳まで貧乏生活をしていました」と振り返り、堤から「山育ちだから、東京でも食べられる草と食べられない草が分かる」と暴露されるなどさまざまな苦労話を明かして盛り上げていた。

 映画は2015年1月17日から新宿バルト9ほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

欅坂46菅井友香「新たな姿をどんどん見せていきたい」 平手友梨奈らの脱退・卒業は「申し訳ない」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 舞台「飛龍伝2020」囲み取材が29日、東京都内で行われ、出演者の菅井友香(欅坂46)、石田明、味方良介ほかが登壇した。  本作は、つかこうへいの代表作。これまで富田靖子、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子ら、名だたる女優たちが演じ … 続きを読む

市川海老蔵、歌舞伎とオペラの融合舞台で主演 「海老蔵として務め切りたい」

舞台・ミュージカル2020年1月29日

 「KABUKI×OPERA『光の王』Presented by ENEOS」の公演概要発表会が29日、東京都内で行われ、主演の市川海老蔵が出席した。  本公演は「東京2020NIPPONフェスティバル」の最初の主催プログラムとして開催される … 続きを読む

ラグビー田中史朗、ナイツ土屋との漫才を披露 「試合よりも緊張したけど、楽しくできた」

トレンド2020年1月28日

 日本マクドナルド「夜マック」新メニューPR発表会が28日、東京都内で行われ、お笑いコンビのナイツ(塙宣之、土屋伸之)、ラグビーの田中史朗選手が出席した。 続きを読む

中村獅童「僕は生真面目ですから」 中村七之助「ただ単に肉体労働です」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 赤坂大歌舞伎「怪談 牡丹燈籠」の制作発表会見が28日、東京都内で行われ、出演する中村獅童、中村勘九郎、中村七之助ほかが登壇した。  2008年に18代目中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から始まった赤坂大歌舞伎。13年に … 続きを読む

ミルクボーイ「人生最後のご飯でもいける」 ケロッグ公式応援サポーターに就任

CM2020年1月28日

 「ミルクボーイ ケロッグ公式応援サポーター就任式」が28日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ミルクボーイの駒場孝と内海崇が登場した。  「M-1グランプリ2019」決勝大会で“コンフレーク”を題材にした漫才を披露し、グランプリを獲得したミ … 続きを読む

page top