SUPER JUNIORが東京ドームでコンサートを開催

2014年11月5日 / 14:50

 東京ドームで公演を行ったSUPER JUNIOR

 先月29、30日の2日間にわたり、韓国出身のボーイズグループ“SUPER JUNIOR”が単独コンサート「SUPER SHOW6」を東京ドームで行った。同公演は9月のソウル公演を皮切りに始まったアジアツアーの一環で、7月に兵役を終えたリーダーのイトゥクが2年ぶりにステージに立つことでも注目を集めていた。

 30日の公演では、冒頭にドラマ仕立てのオープニング映像が流れた後、9人のメンバーたちが「パパパパパン!」という派手な音響&炎の柱と同時にステージに登場すると、会場からは大歓声が湧き起こり、メンバーは「BONA MANA」「Sorry, Sorry」「Mr.Simple」などのヒット曲を華麗なダンスパフォーマンスとともに披露。

 途中のソロコーナーでは、ラップ(ウニョク)やドラム(ヒチョル)など、各メンバーの特技を生かしたステージが繰り広げられた他、トークタイムでも、「今日がどんな日か知っていますか? 皆さんと出会って3281日目です。今日よりも明日、もっと愛します」(ドンヘ)、「皆さん、僕どうすればいいですか? もうブレーキが利きません。皆さんへの僕のブレーキが」(シウォン)、「2年間待ってくれた皆さん、これからは僕がずっとそばにいます!」(イトゥク)など個性あふれるコメントでファンを喜ばせた。

 中盤には、SUPER JUNIOR-Mのメンバー、チョウミとヘンリーも登場してさらに会場を盛り上げ、メンバーが女装を披露する「アナと雪の女王」コンテストでは、“エルPSY”(ソンミン)、“ビッグエルサ”(キュヒョン)など9人が思い思いのエルサを表現し、中には“マッチョ過ぎるエルサ”(カンイン)など、会場の爆笑を誘うものも。

 フィナーレでは、8月に韓国で発売したアルバム『MAMACITA』の収録曲が多数披露され、メンバーたちの興奮もファンの熱狂も最高潮に。最後のあいさつでは、「本当に帰りたくありません。SUPER SHOW7もやって、8もやって、9もやって、10も絶対にやりましょうね!」(リョウク)、「日本と韓国は近くて遠い国といいますが、僕らとファンが出会う瞬間は、近くて近い関係。これからも一緒にすてきな時間をつくりましょう!」(イトゥク)などメンバーがファンへの感謝の気持ちを述べ、会場は温かく優しい空気に包まれた。
 今後SUPER JUNIORは、12月5~7日に同公演の大阪公演、12月20日に福岡公演を行う他、12月17日には日本で約1年ぶりとなるニューシングル「MAMACITA(AYAYA)」を発売する予定だ。


芸能ニュースNEWS

長谷川京子、8年ぶりに舞台出演 「絶対できるという根拠のない自信」

舞台・ミュージカル2019年12月10日

 舞台「メアリ・スチュアート」制作発表会が10日、東京都内で行われ、出演者の長谷川京子、シルビア・グラブ、三浦涼介、吉田栄作ほかが登壇した。  本作は、16世紀のスコットランド女王メアリ(長谷川)とイングランド女王エリザベス(シルビア)の歴 … 続きを読む

神木隆之介「やった!うれしいっす!」 クイズ対決で浜辺美波&中村倫也に勝利

映画2019年12月10日

 映画『屍人荘の殺人』ミステリー愛好会限定謎解きイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、浜辺美波、中村倫也、ゲストとして謎解きクリエイターの松丸亮吾が出席した。  本作は、「第18回本格ミステリ大賞」に輝いた今村昌弘氏の小説を … 続きを読む

のん「あのシーンも、このシーンも加わるんだと喜んだ」 「驚きのある作品になっていると思います」

映画2019年12月10日

 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のスペシャルライブ付き特別試写会が9日、東京都内で行われ、ヒロインすずの声を演じたのんと音楽を担当したコトリンゴが登壇した。  本作は、新たに250を超えるカットが書き加えられた『この世界の片隅 … 続きを読む

きゃりーぱみゅぱみゅ、メルカリにハマる 「最近はクラッチバッグを売りました」

トレンド2019年12月9日

 「渋谷キャッシュレスプロジェクト」1日店長イベントが9日、東京都内で行われ、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが登場した。 続きを読む

浜中文一&松本幸大、ミュージカルで初共演 浜中「ここ数日、記憶があまりないんです」

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 ミュージカル「ELF The Musical」の公開舞台稽古&囲み取材が6日、東京都内で行われ、出演者の浜中文一、松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)、沙央くらま、東山義久、吉田メタル、鳳翔大、ブラザートム、一路真輝が出席した。  本 … 続きを読む

page top