「ペンディングトレイン」“紗枝”上白石萌歌が“直哉”山田裕貴にバックハグ 「美し過ぎて余裕で100回以上は見返している」

2023年6月5日 / 20:30

「ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と」第7話(C)TBS

 山田裕貴主演のドラマ「ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と」の第7話が、2日に放送された。

 本作は、同じ電車に偶然乗り合わせた見ず知らずの乗客たちが突如、未来の荒廃した世界にワープしてしまい、電波が通じない上に、水も食料もない極限下で懸命に生き、元の世界に戻ろうとする姿を描く、サバイバルヒューマンエンターテインメント。

 優斗(赤楚衛二)たちは、地球を激変させた2026年の大災害の経緯が書かれた航海日誌と、佳代子(松雪泰子)らが持ち帰った不思議な光る石に、元の時代に戻るヒントがないかと思案していた。

 そんな中、玲奈(古川琴音)と明石(宮崎秋人)が、温水が出る川辺を見つける。しかしそこは6号車が領土を主張する場所で、5号車の面々は立ち入ることができない。

 そこで優斗と紗枝(上白石萌歌)が、6号車へ交渉に向かおうとするが、紗枝の優斗への気持ちを知る直哉(山田)が2人をさえぎり、交渉役を買って出る。

 さらに、元の時代に戻れると信じていない直哉は「6号車に移住する」と言い出す。優斗は直哉に紗枝のことを気づかっているのかと問いただす。

 その後、高校生の小春(片岡凜)を探して森に入った直哉と紗枝は、雨に濡れてしまう。直哉は着ていたコートを紗枝に着させると、紗枝は直哉に「自分の気持ちを隠して逃げている」と指摘する。直哉は、泣きながら怒って反論すると、紗枝は直哉にコートをかけて後ろから抱き締める。

 一方、田中弥一(杉本哲太)が車両の扉を開けると、元の世界につながるといわれるタイムホールが出現する。

 放送終了後、SNS上には、「バックハグシーン、美し過ぎて余裕で100回以上は見返している」「優斗はリーダーの風格が出て、前にも増してカッコ良くなった」「紗枝さん、令和のヒロインという感じがしてとてもいい」などの感想が投稿された。

 また、タイムホールが出現すると、田中が持っていたわら人形のミーポが、そこに吸い込まれるシーンが放送された。

 すると、「ミーポが蓮見教授(間宮祥太朗)の元に届くのかと考えるとめちゃめちゃ面白い」「直哉と紗枝の恋愛フラグとかあったのにラストのミーポに全て持ってかれた」「田中さんがミーポを連呼するのが面白かった。ミーポが元の世界に戻る鍵になりそう」といった声が寄せられた。


芸能ニュースNEWS

「君が心をくれたから」“太陽”山田裕貴と遺作絵画のとある共通メッセージに視聴者涙 「これ最終回に体中の水分全部なくなるんじゃないか」

ドラマ2024年3月5日

 永野芽郁が主演するドラマ「君が心をくれたから」(フジテレビ系)の第9話が、4日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公・逢原雨(永野)が、愛する男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始 … 続きを読む

「春になったら」“雅彦”木梨憲武の最後の実演販売に号泣 「最終回は涙が1リットル出そう」「結婚式に絶対に出てよ、お父さん」

ドラマ2024年3月5日

 奈緒と木梨憲武がW主演するドラマ「春になったら」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が4日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、「3カ月後に結婚する娘」と「3カ月後にこの世を去る父」が「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬまで … 続きを読む

「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」「當真あみのバイオリンがすごい」「柄本明が素晴らしかった」

ドラマ2024年3月4日

 西島秀俊が主演する日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(TBS系)の第8話が、3日に放送された。  本作は、“ある事件”で家族も音楽も失った父親と、そんな父を拒絶し、音楽を嫌う娘が、地方オーケストラを通して失った情熱 … 続きを読む

「厨房のありす」“倖生”永瀬廉の優しいハグに胸キュン 「頭に添える手が圧倒的“男感”」「ドキドキした」

ドラマ2024年3月4日

 門脇麦が主演するドラマ「厨房のありす」(日本テレビ系)の第7話が3日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、自閉スペクトラム症(ASD)の料理人・八重森ありす(門脇)と彼女と暮らすゲイのシングルファーザー(大森南朋)、彼女の料理 … 続きを読む

「おっパン」“円”東啓介のプロポーズに視聴者感激  「2人が尊過ぎる」「永遠に見ていられる」

ドラマ2024年3月4日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(東海テレビ・フジテレビ系)の第9話が2日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、世間の古い常識や偏見で凝り固まった中年男・沖田誠(原田)が、二回り以上年下 … 続きを読む

Willfriends

page top