「だが、情熱はある」“若林”高橋海人と“山里”森本慎太郎が漫才を披露 「2人共、人気アイドルとは思えない」「漫才として見て笑ってしまった」

2023年6月12日 / 06:47

「だが、情熱はある」(C)日本テレビ

 高橋海人と森本慎太郎がW主演するドラマ「だが、情熱はある」の第10話(日本テレビ系)が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 2009年、前年のM-1グランプリで準優勝を果たしたオードリーの若林(高橋)と春日(戸塚純貴)は、すっかり有名人に。毎日、現場から現場へと大忙しで、移動中もネタ合わせに余念がない。

 だが、だんだんと世間の注目が春日のキャラに集中していき、仕事はもっぱら春日の住むアパート「むつみ荘」のロケばかりに…。

 もどかしい思いを募らせる若林は、顔見知りのプロデューサー・島(薬師丸ひろ子)から居酒屋に呼ばれる。

 一方、南海キャンディーズの山里(森本)は、相変わらず広がり続けるしずちゃん(富田望生)との格差に卑屈になっていた。

 しずちゃんにはドラマやCMのオファーが舞い込むのに、自分に来る仕事は朝の情報番組「スッキリ」のクイズコーナーの進行役で、声だけの出演だった。

 どうしようもない憤りを抱える山里も島に呼ばれ、若林と山里は、居酒屋で初めて顔を合わせる。才能はあるのに、何かが足りていない2人。そんな若林と山里に、島は「やるよ、2人の番組」と運命の一言を告げる。

 放送終了後、SNS上には、「海人くんも慎太郎くんも、人気アイドルとは思えないぐらい、しっかりと行き詰まりや苦悩を演じている。主題歌も良くて泣いてしまう」「今週も最高だった。回を重ねるごとに見どころが増えていくドラマ」「春日は本当に器がでかいと思う。動じない感じとかもすごい」といった感想が投稿された。

 このほか、若林と山里が結成したユニット「たりないふたり」の漫才シーンにも注目が集まり、「慎太郎くんと海ちゃんの2人漫才が最高だった」「漫才の再現度が高くて熱過ぎる。普通に漫才として見て笑ってしまった」「2人のネタが合わさる化学反応が面白い。慎太郎くんと海人くんがへへへッと笑うのが見られて、うれしかった」などのコメントが寄せられた。

「だが、情熱はある」(C)日本テレビ


芸能ニュースNEWS

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

伊藤健太郎が4年ぶりの日テレドラマに出演 森本慎太郎主演の「街並み照らすヤツら」

ドラマ2024年4月23日

 4月27日(土)、日本テレビで初回放送される森本慎太郎(SixTONES)主演のドラマ「街並み照らすヤツら」に伊藤健太郎の出演が発表された。  伊藤は、森本演じる正義たちの運命に大きな影響を与える重要人物として登場する。日本テレビのドラマ … 続きを読む

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

Willfriends

page top