清野菜名、映画『耳をすませば』の完成に感無量 「雫ちゃんが頭のどこかに必ずいる2年半でした」

2022年9月29日 / 06:25

(左から)清野菜名、松坂桃李、内田理央 (C)エンタメOVO

 映画『耳をすませば』ジャパンプレミアイベントが28日、東京都内で行われ、出演者の清野菜名、松坂桃李、内田理央、安原琉那、中川翼、荒木飛羽、住友沙来と平川雄一朗監督が登壇した。

 本作は、1995年に公開された人気アニメ映画の原作となった柊あおい氏の漫画『耳をすませば』を、10年後のオリジナルストーリーも加えて、実写映画化。

 中学生のときに約束を交わした雫と聖司が、大人になった今、離れ離れになりながらも互いを思い続け、夢に向かって突き進む様子を描く。

 本作は、2020年3月に撮影が開始されたものの、コロナ禍の影響で、完成までに2年半を要した。

 児童小説の編集者になった“現在の雫”を演じた清野は「撮影休止中も、他の作品の撮影などはあったのですが、その間も雫ちゃんが頭のどこかに必ずいる2年半でした。無事に今日を迎えられて本当にホッとしております。待ち続けてくれたファンの皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔であいさつした。

 今年5月のクランクアップの際は、思わず感極まってしまったという清野。「スタッフの皆さんもお忙しい方ばかりだったのですが、クランクインした2年半前と同じ各部署の皆さんが、集まってくださって。その温かさに感動して涙があふれました」とエピソードを語った。

 松坂は、チェリストになる夢をかなえるため、10年前にイタリアに渡った“現在の聖司”役。

 95年の劇場版アニメも大好きだったそうで、「この役を頂いたときは、本当にプレッシャーに押しつぶされそうでした。ただ10年後という設定を聞いたときに、『雫と聖司の10年後を見られるのか』という興味の方が大きくて。その思いに後押しされたし、原動力にもなりました」と明かした。

 劇中では、理想の演奏を求めるあまり、音楽を楽しめなくなってしまった聖司の苦悩も描かれる。

 松坂は「聖司くんの不安や葛藤、揺れ動く気持ちを大事に演じることで、聖司くんの新たな一面を表現できたらと思いました」と役作りについて語った。

 映画は10月14日から公開。


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top