「初恋の悪魔」“悠日”仲野太賀の「泣きの演技は最高」 「お芝居がうま過ぎて感情移入し過ぎてしまった」

2022年7月24日 / 07:12

「初恋の悪魔」 (C)日本テレビ

 林遣都と仲野太賀がW主演するドラマ「初恋の悪魔」(日本テレビ系)の第2話が、23日に放送された。

 本作は、警察署に勤めているものの、捜査権のない訳ありの4人が、刑事とは違った感性と推理で難事件を解明するミステリアスコメディー。(※以下、ネタバレあり)

 境川警察署・総務課職員の悠日(仲野)は、恋人の結季(山谷花純)と結婚式の相談をしていた。結季は、結婚後は悠日が仕事を辞めて主夫として家庭に入ることを望んでいた。

 悠日は、自分が結季にとって身分不相応の相手だと自覚しているため、結季に従うつもりだった。

 そんな中、刑事課では団地で起こった殺人事件の捜査が進んでいた。被害者は、かつての人気芸人の夕紀夫(内藤トモヤ)で、弟の日出夫(六角精児)とコンビを組んで紙切り芸をネタにしていた。

 夕紀夫は、団地内の廊下で胸をはさみで刺されて死亡。団地の住人たちは助けを求める夕紀夫の叫び声を聞いていたが、犯人らしき人物を見たという者は誰もいなかった。

 新人刑事の渚(佐久間由衣)が、たった一人で団地の監視カメラ映像をチェックしていることを知った会計課の琉夏(柄本佑)は、彼女が家に帰れないことを心配し、悠日に事件の推理をするための“自宅捜査会議”を持ちかける。

 放送終了後、SNS上には、「ただの推理ものじゃない。(脚本の)坂本(裕二)節がにじみ出てきた」「男たち3人がかわい過ぎる」「中毒になるドラマ」などの感想が寄せられた。

 また、殉職した兄が最後に掛けてきた電話に出られなかったことを悔やんでいる悠日は、生活安全課の刑事で、“自宅捜査会議”のメンバーでもある星砂(松岡茉優)から兄と話すよう促され、携帯電話を渡される。

 悠日が、どこにもつながっていない電話に向かって、兄への思いを話していると、涙が止まらなくなってしまうというシーンが放送されると、「仲野太賀くんの泣きの演技は最高」「胸に迫って思わず泣いてしまった」「お芝居がうま過ぎて感情移入し過ぎてしまった」といったコメントが相次いで寄せられた。


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top