神尾楓珠、映画『20歳のソウル』で実在の人物を熱演 「最後まで生き抜く力強さを教えてもらった」

2022年5月27日 / 06:26

(左から)原作者の中井由梨子氏、佐藤浩市、福本莉子、神尾楓珠、佐野晶哉、佐藤美咲、秋山純監督 (C)エンタメOVO

 映画『20歳のソウル』公開前夜祭が26日、東京都内で行われ、出演者の神尾楓珠、福本莉子、佐野晶哉(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)、佐藤浩市、秋山純監督ほかが登壇した。

 本作は、千葉県船橋市立船橋高等学校で受け継がれている応援曲「市船soul」を作曲しながら、がんを患い20歳で人生の幕を閉じた浅野大義さんの実話を描く。

 市船吹奏楽部に所属する主人公の大義を演じた神尾は、撮影から学んだことを問われると、「まず実在した1人の人生を演じることってすごく大変だなと改めて感じました。また大義くんの生きざまから、一日一日を大切に、最後まで生き抜く力強さみたいなものを教えていただいたと思います」と力強く語った。

 大義の親友・佐伯斗真を演じた佐野は「僕は大義くんが作曲した曲をピアノで演奏するシーンがあるのですが、家で何度練習しても全然弾けなくて。でも本番はワンテークで弾き切ることができた。そこは大義くんが見ていて、力を貸してくれたんやなと感じました」と撮影中のエピソードを披露した。

 佐藤は、大義にとって大きな存在である吹奏楽部の顧問・高橋健一を演じた。

 「若い人たちに伝えたいこと」を尋ねられると、「自分が若い頃そうだったけど、そんなはずはないけど、今が永遠に続くんじゃないかと勝手に錯覚しちゃう。でも、そう思っちゃうと、今起きている事象をスルーしちゃう。そうでなくて、今は、やはり今しかない。だからこそ、今目の前で起きていること、それをしっかり記憶にとどめる」とコメント。

 続けて、「記憶というのは美化もされれば劣化もする。それを自分がいかに正しく認識して、自分の中に入れていくか。それが将来、役に立つ。今の過ごし方を大事にしてほしい」と呼び掛けた。

 映画は5月27日から公開。


芸能ニュースNEWS

石橋静河「頼もしい先輩方と一緒にこの作品に挑める」稲垣吾郎&内田有紀との共演が力に ドラマ10「燕は戻ってこない」出演者会見

ドラマ2024年4月12日

 4月12日、東京都内のNHKでドラマ10「燕は戻ってこない」のマスコミ向け試写会と出演者会見が行われ、出演者の石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀が出席した。  ドラマ10「燕は戻ってこない」は、「命は誰のものか」という重要なテーマを鮮烈なエンタ … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮に「オーラ抜群」と反響集まる  「いい年の取り方をしてる」「地上波に帰ってきてくれて泣いた」

ドラマ2024年4月12日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我にハマる視聴者多数  「沼に落ちかけてる」「愛さずにはいられないキャラ」

ドラマ2024年4月10日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹のお … 続きを読む

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也のラブシーンに「ドキドキ」 「奏と真樹は実は兄妹説」など早くも考察広がる

ドラマ2024年4月10日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第1話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代の … 続きを読む

「虎に翼」出演者情報 栗原英雄、シソンヌのじろう、長谷川忍が登場

ドラマ2024年4月10日

 NHKの連続テレビ小説「虎に翼」。4月10日(水)から12日(金)の放送回(8~10回)に栗原英雄、シソンヌのじろう、長谷川忍が登場する。栗原は「わろてんか」「なつぞら」以来3回目の連続テレビ小説の出演。シソンヌのじろうは、「まれ」以来2 … 続きを読む

Willfriends

page top