森七菜“裏の顔”を語る 考え過ぎると「脳みそで返事」

2021年1月21日 / 09:08

笑顔を見せる森七菜

 映画『ライアー×ライアー』完成報告イベントが20日、東京都内で行われ、出演者の松村北斗(SixTONES)、森七菜、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)と耶雲哉治監督が登場した。

 本作は、ギャルメークの女子高生“みな”に扮(ふん)した、恋愛経験ゼロの地味系女子大生・湊(森)と、そうとは知らずに彼女に恋をしてしまう義理の弟(松村)との恋の騒動を描く。

 松村は「最初ラブコメと聞いたときは、壁ドンをするわ、ドSせりふを吐くわ、といった内容だったら、正直、僕にはできないなと身構えたんです。でも、脚本を読んだらキャラクターが素直であれば素直なほどときめくといった、キュンキュン要素だったので、これならできるかもって安心しました」と振り返った。

 一方、森は「頭がごちゃごちゃになりました。今どっちだっけって、髪の毛の色を見て確認したり…」と演じ分けに苦労したことを告白。スイッチの切り替えは「金髪」だったそうで、「全然気持ちが違います。(金髪だと)ちょっと背が高くなったような気がします」と明かした。

 また、作品にちなみ、「表の顔と裏の顔」についての質問も出た。森は「表の顔は、どういうふうに見られているんでしょうか。いつでもスマイルですか? いつでもスマイルしていますよ。裏でも。それは本当に心掛けているので」と笑顔を浮かべた。

 続けて、「ただ、私もシーンによってはめちゃくちゃ無口というか、何も宿っていないように見られるときがある。演出を受けているときも、私があまりにも考え過ぎて、脳みそで返事してたことがあって、『七菜ちゃん、ちょっと大丈夫?』と言われました。そういうときは無の表情をしているんだと思う」と自己分析した。


芸能ニュースNEWS

「季節のない街」「人の愚かさとおかしさと悲しさと優しさって全部切り離せない」「仲野太賀の演技は本当に心に残る」

ドラマ2024年4月13日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第二話「親おもい」が、12日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

石橋静河「頼もしい先輩方と一緒にこの作品に挑める」稲垣吾郎&内田有紀との共演が力に ドラマ10「燕は戻ってこない」出演者会見

ドラマ2024年4月12日

 4月12日、東京都内のNHKでドラマ10「燕は戻ってこない」のマスコミ向け試写会と出演者会見が行われ、出演者の石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀が出席した。  ドラマ10「燕は戻ってこない」は、「命は誰のものか」という重要なテーマを鮮烈なエンタ … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮に「オーラ抜群」と反響集まる  「いい年の取り方をしてる」「地上波に帰ってきてくれて泣いた」

ドラマ2024年4月12日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我にハマる視聴者多数  「沼に落ちかけてる」「愛さずにはいられないキャラ」

ドラマ2024年4月10日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹のお … 続きを読む

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也のラブシーンに「ドキドキ」 「奏と真樹は実は兄妹説」など早くも考察広がる

ドラマ2024年4月10日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第1話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代の … 続きを読む

Willfriends

page top