玉森裕太「もうあいつと寝たの?」 せりふの生披露にファンから悲鳴

2019年6月11日 / 14:23

嫉妬の表情を披露した玉森裕太

 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』大ヒット御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の玉森裕太(Kis-My-Ft2)と森義隆監督が出席した。

 本作は、東野圭吾氏の原作を映画化したミステリー。ある日突然パラレルワールドに迷い込んでしまった主人公の崇史(玉森)が、二つの異なる人間関係が構築された世界で真実を追う姿を描く。

 公開から10日目を迎え、玉森は「友達からも『見たよ』とか、映画の半券の写真を送ってくれたり、いろいろな感想が届いています」と話し、Kis-My-Ft2メンバーの宮田俊哉が「玉が玉じゃなかっただとか、ちょっとエロかったとかいろいろと感想をくれました」と報告した。

 その後のトークでは、ルーレットでお題を決めた。映画にちなんで「最近嫉妬したエピソードを」を聞かれると、玉森は「この間、映画のキャンペーンで北海道に行きましたけど、スタッフの皆さんは前日入りでおいしいものを食べていたみたいで、僕が当日入りしたら、前日のおいしかったご飯の話をずっとしていて。いいなって」とコメント。MCから嫉妬した表情をリクエストされると、クールに披露して観客を沸かせた。

 撮影の裏話では、森監督がカットした場面を紹介した。冒頭のキスシーンの後、相手が「何で悲しい顔をするの?」と言う場面で、森監督は「その後に、実は『熱ないの? 病院行ったら』と言われて、(玉森が)『心配させるのも悪くないな』というせりふがありましたけど、最初からかっこ良過ぎるなと思って。小出しにしていこうとカットしました」と紹介した。

 また、劇中のドキッとするせりふを再現するコーナーで、玉森が「もうあいつと寝たの?」を生披露すると、女性ファンから黄色い悲鳴が上がった。

 玉森は「言う方も結構ドキドキしていました。こんなせりふまず言うことないだろうなと思って」と振り返ると、森監督も「すごいことを言うなと思って撮っていました。でも、あれをストレートに言える崇史はこの映画の核なんじゃないかなと思っていました」と語った。


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top