柴咲コウ、飼い猫の“困った特技”を紹介 「それが苦労でもあり幸せ…」

2019年2月22日 / 15:54

『ねことじいちゃん』初日舞台あいさつの登壇者たち

 映画『ねことじいちゃん』初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之、岩合光昭監督が登壇した。

 本作は、動物写真家・岩合光昭氏が初の映画監督に挑み、落語家の志の輔主演で人気コミックを実写映画化した猫と人間の物語。

 2月22日は「猫の日」ということで、キャスト陣が“猫にまつわるエピソード”を披露した。

 柴咲は、自宅で真っ白な保護猫を飼っているといい「本当に賢くて目を合わせると飛び乗ってくるという芸ができる。最近はちょっと目が合うと鍋や皿を持っていても飛び乗ってきて危ないので、できるだけ目を合わせないようにしている。セーターもビロビロになる。それが苦労でもあり幸せでもあります」と明かしてほほ笑んだ。

 また、岩合監督からの熱烈オファーを受け、飼い猫のタマと暮らす主人公・大吉を演じた志の輔は「何の自信もなく、映画のことも分からず、とにかくお引き受けをして、1カ月間撮影を続けられたのは、ここにいるプロの俳優の皆さま方のおかげ。楽しい1カ月を過ごせて幸せな落語家の私です」とあいさつした。

 キャストらによると、岩合監督は俳優の芝居よりも“猫の演技”を入念にチェックしていたという。志の輔は「監督は本当に猫のことばかり。私との撮影では『OK!』と言った後にタマに駆け寄って『タマ~。おまえは何て素晴らしい。本当に良かったよ』とワンカットごとに抱きしめる。私のことは一度も抱きませんでしたけど」と語って、笑わせた。

 撮影テストは“猫の縫いぐるみ”で行っていたという。志の輔は「室内でやる分には恥ずかしくありませんが、学校の前をタマと散歩するシーンのリハーサルは、私が縫いぐるみを引きずりながら歩きました。カメラは遠くに3台。(ロケ地の)島の人たちは私を見て何と思っていたでしょう…」と嘆いた。


芸能ニュースNEWS

中村獅童「女殺油地獄」を“倉庫”で上演 「古典を守りつつ革新を追求していく」

舞台・ミュージカル2019年3月24日

 オフシアター歌舞伎「女殺油地獄」の取材会が22日、東京都内で行われ、出演者の中村獅童、演出・脚本を担当する赤堀雅秋氏が出席した。  原作は300年前の実話を基にした人形浄瑠璃の名作。油屋の放蕩(ほうとう)息子・与兵衛は、借金の返済に困って … 続きを読む

中村勘九郎“代役”の三宅弘城にコメント 「以前からファン。楽しみでしょうがない」

ドラマ2019年3月23日

 大河ドラマ「いだてん」トークツアーin 東京都文京区が23日、東京都内で行われ、主人公の金栗四三役の中村勘九郎と三島弥彦役の生田斗真が出席。イベント後に報道陣の取材に応じた。  NHKは19日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕さ … 続きを読む

「いだてん」制作統括、ピエール瀧についてコメント 「とにかくショックだし、つらいし、残念」

ドラマ2019年3月23日

 俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHK大河ドラマ「いだてん」の制作統括・訓覇圭氏が23日、東京都内で取材に応じた。  今回の件に関する見解を聞かれた訓覇氏は「とにかくショックだし、つらいし … 続きを読む

田中圭、興味があるのは「執筆活動」 「ゼロから物事を生み出すってすごい」

映画2019年3月23日

 映画『美人が婚活してみたら』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、脚本のじろう(シソンヌ)と大九明子監督が登壇した。  本作は、不毛な恋愛を続け、気が付けば32歳になっていた主人公タ … 続きを読む

おかずクラブ、羽田で「たびレジ」をPR ゆいP「新婚旅行でモルディブに行きたい」

トレンド2019年3月22日

 「外務省×よしもと 海外安全対策ステージ」イベントが22日、東京都内の羽田空港国際線ターミナルで行われ、お笑いコンビ・おかずクラブのオカリナとゆいPが登場した。 続きを読む

page top