岡田将生、落語は「自分との戦い」 「昭和元禄落語心中」で主人公を熱演

2018年9月12日 / 16:57

 ドラマ10「昭和元禄落語心中」のスタジオ取材会が12日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、竜星涼、大政絢、篠井英介、平田満、山崎育三郎が出席した。

 本作は、雲田はるこ氏の人気漫画『昭和元禄落語心中』をドラマ化。戦争の時代の落語家たちの生きざま、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れを描く。

 主人公の有楽亭八雲(菊比古)を演じる岡田は「落語は本当に難しくて、4月から稽古を始めたのですが、(監修の落語家である柳家)喬太郎師匠から、少しずつ『上手になってきた』と褒められるたびに落語が好きになってきました」とにっこり。「暑い中、着物を着てやるのは大変ですが、スタッフキャスト一同、良いドラマを作るために頑張っているので楽しみにしてもらえたら」と呼び掛けた。

 落語をやってみての感想については、「孤高な感じ。実際に高座に立つと、自分だけでどうお客さんに見せていくかを考えなければならない。ストーリー構成、キャラクター設定もできるので、一人で監督をしながら演出もつけて…みたいな感じ。自分との戦いですね」としみじみ語った。

 好きな演目を問われると「死神」を挙げ「僕が最初に習ったのも『死神』。菊比古も『死神』と出会うことで変わっていくので特別な感情があります」と回答。また「先月僕、誕生日だったのですが、『死神』という日本酒をもらいました。誕生日に飲むものなのか、少し複雑ですが、まだ飲めていないので、これが終わったらみんなで飲めたら良いな」と語り、笑わせた。

 一方、天才落語家・有楽亭助六(初太郎)役の山崎は「普段、自分はミュージカルとかだと、割と爽やかな『プリンス』と言われることもあるのですが、助六は自分とは正反対のガサツで女好きで破天荒な役。僕にとっても新たなチャレンジなので、全身全霊で挑みます」と笑いを交えながら意気込んでいた。

 ドラマはNHK総合で10月12日金曜日、午後10時からスタート。全10回。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top