岡田将生、落語は「自分との戦い」 「昭和元禄落語心中」で主人公を熱演

2018年9月12日 / 16:57

 ドラマ10「昭和元禄落語心中」のスタジオ取材会が12日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、竜星涼、大政絢、篠井英介、平田満、山崎育三郎が出席した。

 本作は、雲田はるこ氏の人気漫画『昭和元禄落語心中』をドラマ化。戦争の時代の落語家たちの生きざま、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れを描く。

 主人公の有楽亭八雲(菊比古)を演じる岡田は「落語は本当に難しくて、4月から稽古を始めたのですが、(監修の落語家である柳家)喬太郎師匠から、少しずつ『上手になってきた』と褒められるたびに落語が好きになってきました」とにっこり。「暑い中、着物を着てやるのは大変ですが、スタッフキャスト一同、良いドラマを作るために頑張っているので楽しみにしてもらえたら」と呼び掛けた。

 落語をやってみての感想については、「孤高な感じ。実際に高座に立つと、自分だけでどうお客さんに見せていくかを考えなければならない。ストーリー構成、キャラクター設定もできるので、一人で監督をしながら演出もつけて…みたいな感じ。自分との戦いですね」としみじみ語った。

 好きな演目を問われると「死神」を挙げ「僕が最初に習ったのも『死神』。菊比古も『死神』と出会うことで変わっていくので特別な感情があります」と回答。また「先月僕、誕生日だったのですが、『死神』という日本酒をもらいました。誕生日に飲むものなのか、少し複雑ですが、まだ飲めていないので、これが終わったらみんなで飲めたら良いな」と語り、笑わせた。

 一方、天才落語家・有楽亭助六(初太郎)役の山崎は「普段、自分はミュージカルとかだと、割と爽やかな『プリンス』と言われることもあるのですが、助六は自分とは正反対のガサツで女好きで破天荒な役。僕にとっても新たなチャレンジなので、全身全霊で挑みます」と笑いを交えながら意気込んでいた。

 ドラマはNHK総合で10月12日金曜日、午後10時からスタート。全10回。


芸能ニュースNEWS

中村獅童、おおいた和牛をPR 「脂の乗り具合がちょうどいい」

イベント2020年11月27日

 隠れ家的名牛「おおいた和牛」推しプロジェクトPR発表会が27日、東京都内で行われ、歌舞伎俳優の中村獅童が登場した。  10月に「おおいた和牛PR隊長」に就任した獅童は「最初は正直、何で僕なんだろうと思いましたが、大分は旅行でたびたび訪れて … 続きを読む

「ルパンの娘」“和馬”瀬戸康史が意識不明に 「衝撃的なラストシーンが頭から離れない」

ドラマ2020年11月27日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の第7話が、26日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の結婚生活を描くラブコメディー。  今回は、ついに華 … 続きを読む

南原清隆、コロナ禍での思いを語る 「人と人との絆がやっぱり大事」

舞台・ミュージカル2020年11月27日

 M&Oplaysプロデュース「あんまと泥棒」囲み取材が26日、東京都内で行われ、出演者の南原清隆と近藤芳正が登壇した。  本作は、欲張りで目が見えないマッサージ師と、彼のもとに忍び込んだ人のいい泥棒による人情喜劇。2019年3月に愛媛の内 … 続きを読む

田中みな実、男性との食事会には「シンプルな服」 「気合の入った服だと『やる気満々だな』って…」

授賞式2020年11月26日

 「第49回ベストドレッサー賞」授賞式が25日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの田中みな実が出席した。  「芸能部門」で受賞した田中は、「歴史ある賞を頂き、誠に恐縮です」と喜びのスピーチ。この日のドレスについては「スタイリストさんと一 … 続きを読む

中村倫也「ベストドレッサー賞」を受賞 家では「スエットにパーカーにモコモコの靴下」

授賞式2020年11月26日

 「第49回ベストドレッサー賞」授賞式が25日、東京都内で行われ、俳優の中村倫也が出席した。  「芸能部門」で受賞した中村は、輝くスーツ姿で登場。「華やかな場なので、ちょっと“らしくない”光沢を散りばめさせていただきました」と語り、照れ笑い … 続きを読む

page top