松田龍平、実在の棋士役を熱演 “泥沼”での撮影「もう1回やりたい」

2018年8月18日 / 18:04

(左から)瀬川晶司五段、松田龍平、豊田利晃監督

 映画『泣き虫しょったんの奇跡』の公開記念トークイベントが18日、東京都内で行われ、主演の松田龍平、原作者の瀬川晶司五段、豊田利晃監督が登場した。

 本作は、瀬川五段の自伝的作品を映画化。小学生から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)が、一度は将棋と縁を切ったものの、35歳にして「やっぱりプロになりたい」と、再び人生を懸けた挑戦に出る姿を描く。

 松田は「僕が初めて豊田さんと『青い春』(02)でご一緒したときから、豊田さんが将棋に縁のある方と聞いていた。いつか将棋の映画を撮ると思っていたし、そのときは絶対に出たいと思っていました」と明かした。

 本作で将棋の監修を務めた瀬川五段は、何度か撮影にも立ち会った。松田は「自分が演じる役の本人が現場に来るという特殊な撮影ですごく刺激的でした。瀬川さん本人から影響を受けることがたくさんあり、それが良かったと思います」とコメントした。

 撮影では、絶望した主人公の心情を表現するために松田が全身で泥沼に入るシーンもあったという。豊田監督は「セットを組み『これは1回しかできない』と言ってやったのに、松田さんが『もう1回やりたい』と言い出して…。スタッフも大騒ぎで服も全部洗って乾かして、泥も張り直してもう1回やった。そうしたら2回目は、本当に絶妙な沈み方をしたんです。さすが松田龍平…という感じでした」とエピソードを披露した。

 “役者魂”を絶賛された松田は「泥のやつが美容のジェルみたいな感じで、お肌がツルツルになるんです。『もう1回やれる』と言うから『マジっすか?』となって、もう1回やらせてもらいました」と冗談めかして笑いを誘った。

 映画は9月7日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top