ウィル・スミス、ノリノリでファンサービスも 「早くこの寒さから皆さんを解放したい!」

2017年12月20日 / 15:25

寒空の下、会場を盛り上げたウィル・スミス

 Netflixオリジナル映画『ブライト』のジャパンプレミアが19日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、出演者のウィル・スミス、ジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパスとデヴィッド・エアー監督が登壇した。

 ウィルの来日は『スーサイド・スクワッド』以来、1年3カ月ぶり14度目。レッドカーペット上で、ファンからのサインや写真撮影に気さくに応じたウィルは、壇上でも「ウェーイ!!」「フゥ~!!」と雄たけびを上げるなど、終始絶好調。エアー監督も「撮影中、ウィルはずっとこんな感じだったよ」と笑いながら現場の様子を紹介した。

 本作は、人間がオークやエルフら様々な異なる種族と共存している“もう一つの世界”を舞台とした物語。ロサンゼルス市警の人間・ウォード(ウィル)と、怪物オークのジャコビー(エドガートン)の警官コンビが、地球の運命を揺るがす巨大な事件に巻き込まれていく様子を描く。

 ウィルは、ワールドプレミアツアーの最終地が東京となったことについて「最高の地を最後に残しておいたんだよ。とっても興奮しています!」とリップサービス。一方、一時間以上も寒空の下で過ごし、さすがに凍えたのか「早くこの寒さから、皆さんを解放したい!」と吐露し、「きょうは本当にありがとう!この寒さの中、ずっと待っていただけて、本当にうれしく思っているよ」と笑顔でファンに感謝を述べた。

 エルフのリーダー・レイラ役のラパスは、劇中で迫力あるアクションを披露しているが「けがはなかったか?」という質問に、「今回はあまりなかったわ。なぜなら対戦相手のウィルが素晴らしい能力を持った人だから。彼は、私と戦いながらも同時に私を守ってくれるのよ。私が倒れるときも実際には彼の上に倒れるので、床には落ちないようになっていたの」とエピソードを披露した。

 特殊メークで怪物オークのジャコビー役に挑んだエドガートンも「毎回3時間かかるメークは大変だったけど、それ以上にウィルを相手にする方が、もっと大変だったよ!」と冗談を飛ばして、ウィルを笑わせていた。

 映画は12月22日、全世界同時配信開始。

(左から)デヴィッド・エアー監督、ウィル・スミス、ノオミ・ラパス、ジョエル・エドガートン


芸能ニュースNEWS

霜降り明星、低姿勢貫く 次なる“冠”獲得期待も「反感買わないように」

トレンド2019年5月22日

 「よしもと学園祭2019」オススメタレントお披露目会が22日、東京都内で行われ、霜降り明星ほかが出席した。 続きを読む

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

page top