マーク“ルーク”ハミル、37年ぶり来日 「第二の故郷と言っていい特別な場所」

2017年12月7日 / 10:29

ファンの声援に応えるマーク・ハミル

 シリーズの最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のレッドカーペット・イベントが6日、東京都内で行われ、来日したマーク・ハミル、アダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督らが参加した。

 最新作はシリーズの「エピソード8」に当たり、4~6の主人公、ルーク・スカイウォーカーを演じたハミルは、映画のプロモーションとしては第2作『帝国の逆襲』以来37年ぶりの来日。高校時代に2年間、横浜のアメリカンスクールに通っていたこともあり、「こんばんは、ジャパン」とファンの声援に応え、「日本は第二の故郷と言ってもいいくらい特別な場所。日本語がしゃべれていたら、日本で俳優として活動していたかもしれない」と親日家ぶりをアピール。シリーズに登場するキャラクター、R2-D2、C-3POとも再会し、「皆、大好きな仲間だよ」とご機嫌な笑顔を見せた。

 ルークは前作『フォースの覚醒』のラストシーンに登場したが、新作については「内容については今は何も言えないから、言葉を濁して話すことに慣れちゃった。でも、(公開までの)あと1週間で、最大の謎を知ることができるよ」と意味深に話した。ダース・ベイダーの遺志を継ぐカイロ・レン役のドライバーも、「乞うご期待としか言えないね。素晴らしい脚本で、観客の知性を信じているからこその終わり方だよ」と自信をのぞかせた。

 監督・脚本に起用されたジョンソン監督は、「スター・ウォーズは、ファンによって作られている映画。皆がこれだけワクワクしてくれて、最高の感動だよ」とファンに感謝。製作が既に発表されたエピソード10~12でも監督を務めることが決まっており、「フォースとともにあらんことを」とシリーズの決めぜりふで締めくくった。

 映画は12月15日から全国で公開。

レッドカーペット・イベントに参加した(左から)プロデューサーのラム・バーグマン、ライアン・ジョンソン監督、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ


芸能ニュースNEWS

「おかあさんといっしょ」体操のお兄さんらが卒業 よしお兄さん「今はほっとした気持ち…」

テレビ2019年2月18日

 NHK「おかあさんといっしょ」出演者交代発表会見が18日、東京都内で行われ、第11代目「体操のお兄さん」の小林よしひさ、「パント!のお姉さん」の上原りさが登場した。  会見では、60周年を迎える番組のリニューアルに伴い、小林と上原が3月末 … 続きを読む

長澤まさみ、木村拓哉へのドッキリに失敗 「途中で気付かれちゃって…」

映画2019年2月16日

 映画『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。  先月18日に公開された本作は、観客動員数累計280万人を突破した。  ホテルに潜入するエリート刑事 … 続きを読む

市川海老蔵“母不在”の子どもたちを憂慮 「父親だけではきっと支えられないものもある」

トレンド2019年2月16日

 「豊洲市場 Oishii(おいしい)土曜マルシェ」特別企画トークセッション「魚河岸と歌舞伎-豊洲市場の未来に寄せて-」が16日、東京都内で行われ、歌舞伎役者の市川海老蔵、小池百合子東京都知事らが出席した。 続きを読む

橋本祥平「俺が、俺たちがガンダムだ!」 舞台「機動戦士ガンダム00」開幕

舞台・ミュージカル2019年2月16日

 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」の初日あいさつ&公開稽古が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本祥平、伊万里有、鮎川太陽、永田聖一朗、前山剛久、赤澤燈、窪寺昭が登壇した。  本作は、アニメ「機動戦士ガンダム … 続きを読む

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

映画2019年2月15日

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。  本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもク … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top