マーク“ルーク”ハミル、37年ぶり来日 「第二の故郷と言っていい特別な場所」

2017年12月7日 / 10:29

ファンの声援に応えるマーク・ハミル

 シリーズの最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のレッドカーペット・イベントが6日、東京都内で行われ、来日したマーク・ハミル、アダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督らが参加した。

 最新作はシリーズの「エピソード8」に当たり、4~6の主人公、ルーク・スカイウォーカーを演じたハミルは、映画のプロモーションとしては第2作『帝国の逆襲』以来37年ぶりの来日。高校時代に2年間、横浜のアメリカンスクールに通っていたこともあり、「こんばんは、ジャパン」とファンの声援に応え、「日本は第二の故郷と言ってもいいくらい特別な場所。日本語がしゃべれていたら、日本で俳優として活動していたかもしれない」と親日家ぶりをアピール。シリーズに登場するキャラクター、R2-D2、C-3POとも再会し、「皆、大好きな仲間だよ」とご機嫌な笑顔を見せた。

 ルークは前作『フォースの覚醒』のラストシーンに登場したが、新作については「内容については今は何も言えないから、言葉を濁して話すことに慣れちゃった。でも、(公開までの)あと1週間で、最大の謎を知ることができるよ」と意味深に話した。ダース・ベイダーの遺志を継ぐカイロ・レン役のドライバーも、「乞うご期待としか言えないね。素晴らしい脚本で、観客の知性を信じているからこその終わり方だよ」と自信をのぞかせた。

 監督・脚本に起用されたジョンソン監督は、「スター・ウォーズは、ファンによって作られている映画。皆がこれだけワクワクしてくれて、最高の感動だよ」とファンに感謝。製作が既に発表されたエピソード10~12でも監督を務めることが決まっており、「フォースとともにあらんことを」とシリーズの決めぜりふで締めくくった。

 映画は12月15日から全国で公開。

レッドカーペット・イベントに参加した(左から)プロデューサーのラム・バーグマン、ライアン・ジョンソン監督、マーク・ハミル、アダム・ドライバー、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ


芸能ニュースNEWS

デーモン閣下、中国・四国9県の観光PR 「たくさんの人に復興の一役を担ってもらいたい」

トレンド2018年12月13日

 「中国・四国9県連携復興プロモーション記者発表会」が13日、東京都内で行われ、広島県に縁のあるミュージシャンのデーモン閣下、岡山県出身の俳優・前野朋哉、香川県出身のアイドル行天優莉奈(AKB48 Team8)が登場した。 続きを読む

滝沢秀明、今年の漢字一文字は「行」 「『さよなら』は使いたくない」

ドラマ2018年12月12日

 WOWOW「連続ドラマW 孤高のメス」の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の滝沢秀明、仲村トオル、工藤阿須加、山本美月、長塚京三、内片輝監督が登壇した。  年内で芸能活動を引退、プロデュース業に専念することを発表している滝沢 … 続きを読む

綾瀬はるか、クリスマスは「大河の撮影」 ボーイフレンドの理想は「お兄さんタイプ」

トレンド2018年12月12日

 「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2018」授賞式が12日、東京都内で行われ、美容誌『VOCE』によって、「2018年“最も美しい顔”」に選出された女優の綾瀬はるかが出席した。 続きを読む

玉木宏、“猫と共演”も「なかなか一線を越えられない」 怖くて近づけない理由語る

ドラマ2018年12月12日

 WOWOW「連続ドラマW 盗まれた顔~ミアタリ捜査班~」の完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、出演者の玉木宏、内田理央、町田啓太、渋川清彦、伊藤歩、武正晴監督、原作者の羽田圭介氏が登壇した。  本作は、記憶と勘を武器に指名手配犯を捜 … 続きを読む

ブラッドリー・クーパー5年ぶり来日 胸元ざっくりなローラ気遣う

映画2018年12月12日

 映画『アリー/スター誕生』ジャパンプレミアが11日、東京都内で行われ、来日した出演者で監督のブラッドリー・クーパー、スペシャルサポーターのローラが出席した。  本作は、アーティストのレディー・ガガが主演を務め、『アメリカン・スナイパー』な … 続きを読む

page top