ブルゾンちえみ「ベストキャラクター賞」受賞 3年前から彼氏おらず「来年は恋愛したい」

2017年11月16日 / 10:43

恋愛への意欲を口にしたブルゾンちえみ

 その年のトレンドとなった注目商品やサービスを選出する、小学館「DIMEトレンド大賞」発表・贈賞式が15日、東京都内で行われ、ベストキャラクター賞を受賞したお笑い芸人のブルゾンちえみが出席した。

 日本のエンタメ業界に“今年、最もインパクトを与えた人物”として名前を呼ばれたブルゾンは、「名誉ある賞をありがとうございます」と感激の面持ち。現在の活躍を「去年は想像もできなかった、夢のような経験」とした上で、「これは決して自分だけの成果でなく、いつも後ろにいる“男2人”を含め、右も左も分からない私を支えて下さった人たち、私たちを見て喜んでくださった方々あってのこと」と感謝を述べた。

 来年の抱負を「仕事を頑張るのはもちろん、恋愛をしたい」と掲げ、「恋愛を指南するネタをやっているんだから、私が恋愛をしていないと…。プライベートを充実させて、世の中の女性にネタとして還元をしていきたい」と意気込んだ。

 囲み取材で、改めて恋愛願望について聞かれたブルゾンは「今、『待つの』とか(ネタで)言ってるじゃないですか。でも男の人が来てないんですよ。今来なくていつ来るんだろう…?」と嘆き節。「ネパール人の彼氏と3年前ぐらいに別れたのが最後。日本人とは7年ぐらい付き合ってない。ヤバイですね」と肩を落とした。

 男性が寄ってこない理由の一つを「『外国人が好きですアピール』をしてしまったから」と分析したブルゾン。「2018年は自分から行きます。もう待ちません。日本人も好きです」ときっぱり。とはいえ、結婚願望は「特にない」そうで「事実婚とかも格好いいなと思う。逆に結婚という形、約束がないけど一緒にいるのが本当の愛だなと思ったので、マイブームというか、憧れがあります」と本音をのぞかせた。

 持ちネタの決めぜりふ「35億」は、今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語に選出された。12月1日に年間大賞とトップテンが発表されるが、これについては「『35億』は私だけでなく、みんなの数字ですので、流行語になるのは不思議な気持ち。でも選ばれたらうれしいですね」と話していた。


芸能ニュースNEWS

「にじいろカルテ」第7話は「夫婦愛に泣けた」 認知症の“雪乃”安達祐実が2度目の結婚式

ドラマ2021年3月5日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の第7話が、4日に放送された。  本作は、山奥にある「虹ノ村診療所」を舞台に、ポンコツ内科医の真空(高畑)と、癖の強い外科医の朔(井浦新)、看護師の太陽(北村匠海)の姿を描く医療ド … 続きを読む

「知ってるワイフ」“澪”と“津山”が破局 覚悟を決めた“元春”大倉忠義に同情が集まる

ドラマ2021年3月5日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第9話が、4日に放送された。  剣崎元春(大倉)への本当の思いに気付いた建石澪(広瀬アリス)は、銀行のマラソン大会の途中で告白し、キスをしてしまう。しかし、元春は澪の思いを受け入れな … 続きを読む

桜井玲香、咲妃みゆへの思いを告白  「好きが止まらないぐらいに大好き」

舞台・ミュージカル2021年3月4日

 舞台「GHOST」初日前日囲み取材&公開稽古が4日、東京都内で行われ、出演者の浦井健治、咲妃みゆ、桜井玲香、水田航生、森公美子が登場した。  本作は、大ヒット映画『ゴースト/ニューヨークの幻』をミュージカル化。温厚で誠実な銀行員のサム(浦 … 続きを読む

松坂桃李が“モンハン語”に挑戦 ミラ・ジョヴォヴィッチとオンライントーク

映画2021年3月4日

 映画『モンスターハンター』ジャパンプレミアムトークショーが4日、東京都内で行われ、出演者の山崎紘菜、日本語吹き替え版の声優を務めた本田貴子、松坂桃李が出席。主演のミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督もオンラインで参加し … 続きを読む

大泉洋、吉田大八監督にボヤき連発 「全然オーケーが出ない。どんどんパニクる」

映画2021年3月4日

 映画『騙し絵の牙』騙し合いバトル開幕式が3日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市と吉田大八監督が登場した。  本作は、作家の塩田武士氏が、大泉を主人公に当て書きした小説の … 続きを読む

amazon

page top