綾野剛“救いのない役”を熱演 「役柄に侵食されてもいいと思った」

2017年6月3日 / 14:07

役づくりについて振り返った綾野剛

 映画『武曲 MUKOKU』の公開初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、村上虹郎、熊切和嘉監督が登壇した。

 本作は、鎌倉を舞台に、剣を捨てた男(綾野)と剣に出会った少年(村上)が繰り広げる宿命の対決を描く。

 熊切組に参加するのは『夏の終り』以来4年ぶりとなった綾野は「前回以降、熊切さんが、会うたびに『必ずまた一緒にやろうね』と言ってくれていたけど、その言葉を信じながら今日までやってきて本当に良かった」としみじみ語った。

 今回は主役として出演したが「主役というより、鮮度の高い状態で熊切監督に自分の身を委ねたい。『武曲』の一員として(現場に)入ったという意識の方が強かった」と率直な思いを口にした。

 現場では熊切監督が「カット」と声を掛ける代わりに「いいっすね~」とつぶやくため、結局、オーケーなのか、そうではないのかと、周囲が判断に迷ったというエピソードもあり、綾野は改めて「監督の『いいっすね~』を聞くと本当にホッとしました」と笑顔を見せた。

 今回は演じる前に、2カ月の猛特訓を受け、見事に鍛え上げた肉体を作り出し、本格的な剣の技も身に着けた綾野。

  進むべき道を失った役柄については「ちょっと救いのない役。自分の役に対してかわいそうだと思ったのはこれが初めて。でも、ここまで“生きているな”ということを実感しながら役を生きたのは初めてに近い。(役柄が)体内に入ってくる感じだったけど“それに侵食されていいや”という思いでやっていた」と振り返った。

 さらに本作の内容に絡めて“何かと闘ったエピソード”を尋ねられた綾野は「真面目な話になりますが、結局、自分と向き合う作業をやめてしまうと自分は役者をやっていけないんだと思う」とコメント。

 「ある種、肉体的にも精神的にも自分と向き合ってない作品はお客さまに届かない。今の自分の立ち位置やパブリックイメージも含めて、今、この瞬間も自分がちゃんと闘えているのかきちんと確認して、体感していかなければならない。そうしたものを、より良い形で皆さんに解き放っていかなければいけない」と“綾野節”で語った。

(左から)熊切和嘉監督、綾野剛、村上虹郎

(左から)熊切和嘉監督、綾野剛、村上虹郎


芸能ニュースNEWS

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

ドラマ2020年10月31日

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。   本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描 … 続きを読む

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

page top