中村獅童の超歌舞伎が「第22回AMDアワード」大賞を受賞 初音ミクと共演し「ミクさんは待ってくれない」

2017年3月13日 / 20:07

「超歌舞伎」を振り返った中村獅童

 「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’16/第22回AMDアワード」授賞式が13日、東京都内で行われ、受賞者の中村獅童、ピコ太郎ほかが出席した。

 今回、AMD理事長賞を受賞したのは、古坂大魔王一押しのピコ太郎が歌う「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」。

 受賞者の古坂に代わって登壇したピコ太郎は「PPAP」を生披露し、「相変わらず慣れません。実感が客観では見れているのですが、このように偉い方の前で賞をもらうことはいまだに信じられない。デジタルもアナログも全ては愛だと思っているので、これからも曲を、皆さんを、そして妻を愛していきたい」とスピーチした。

 そして、大賞/総務大臣賞には「ニコニコ超会議2016」で上演された、最新テクノロジーと伝統芸能がコラボレーションした新作歌舞伎「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」が選ばれた。

 初音ミクと共演した獅童は「歌舞伎を見たことがない若者たちに興味を持っていただきたいと思って、日ごろから活動させていただいているので、すてきな賞に選んでいただいてうれしく思っています」と喜んだ。

 その思いの裏には、故中村勘三郎さんから掛けられた「おまえさんは歌舞伎を見たことがない若者を振り向かすことができる男なんだよ」という言葉があり、「今から約15年前に、30を過ぎてテレビや映画の仕事に少し出してもらうようになって、少し名前を知ってもらうことができた時にそう言われました。その言葉がずっと僕の中に残っている。これからもそういう活動をしていきたい。僕の使命だと思う」と言葉に力を込めた。

 歌舞伎界にとっても斬新な試みには「われわれにとってもチャレンジで、皆さんのご協力を得て400年の歴史と、現代のバーチャルの世界が融合できたのではないかと」と手応えをのぞかせた。

 獅童は「初音ミクさんが大変芸達者な方なんでね。僕からは姿があまり見えないので、稽古を重ねて、後は感覚です。こっちが間違えても進行していっちゃう。ミクさんは厳しいですから待ってくれないんです」と語って笑わせた。

PPAPを生披露したピコ太郎

PPAPを生披露したピコ太郎


芸能ニュースNEWS

ENEOS応援団特設サイトで ドラマ「その火は、必ず来る」公開開始 

CM2020年1月20日

 東京 2020 オリンピック聖火リレーサポーティングパートナーのENEOSは 、3月に福島県からスタートするオリンピック聖火リレーを盛り上げるため、「東京 2020 オリンピック聖火リレーを応援しよう!ENEOS応援団」を結成した。  総 … 続きを読む

伊織もえ「ルーズソックスの長さにびっくり」 イベントで“制服コスプレ姿”を披露

トレンド2020年1月20日

 「とある電撃姫の蹴自販機」設置記念イベントが20日、東京都内で行われ、人気コスプレイヤーの伊織もえが出席した。 続きを読む

村井良大、初舞台の甲斐翔真に「すごくフレッシュ!」 吉柳咲良「今までの役とは正反対の役」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 ミュージカル「デスノート THE MUSICAL」の公開フォトコールと囲み取材が19日に、東京都内で行われ、出演者の村井良大、甲斐翔真、高橋颯、吉柳咲良が登壇した。  大ヒット漫画『DEATH NOTE』をミュージカル化した本作。今回は2 … 続きを読む

観月ありさ、4K撮影に苦笑 「見えちゃいけないものまで…」

ドラマ2020年1月20日

 プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」の試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の観月ありさ、田辺誠一が出席した。  本作は、妻(観月)は刑事、夫(田辺)はミステリー作家、という最強の夫婦が、一人息子と共に、ご近所や出先で起 … 続きを読む

三浦翔平、真面目なのにスタッフから注意 三浦「真面目にやっていますけど」

ドラマ2020年1月20日

 WOWWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」のトークイベントが17日、東京都内で行われ、出演者の三浦翔平、須賀健太、崎山つばさが出席した。  本作は、5月に上演される同名舞台と連動したシチュエーションコメ … 続きを読む

page top