星野源、東京メトロのトレインジャック 新刊のカバーに施された仕掛けに注目!

2017年2月17日 / 19:02

星野源著「働く男」文春文庫(左)と「いのちの車窓から」KADOKAWA

 昨年放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、「真田丸」で人気の俳優、星野源の著書「そして生活はつづく」「働く男」などを発行している文藝春秋は27日から東京メトロ銀座線、丸ノ内線ですべての車両内広告枠を星野の書籍広告でジャックした車両を走らせる。先頭車両から最後尾の車両まで、中づり、まど上、ドア横ポスター、ステッカー、ビジョンがすべて星野のビジュアルで埋め尽くされる。どちらの路線とも1編成ずつなので、いつどの駅で合えるかはシークレット。文藝春秋も東京メトロも問い合わせには対応していないので、出合えたらラッキー。

 また文春文庫では、このトレインジャックに先がけて15日からTwitterフォロー&リツイートキャンペーンを行っている。文春文庫のTwitterアカウントをフォローして、指定の投稿をリツイートすると、抽選で20人に図書カード5000円分がプレゼントされる。運だめしと思って応募してみよう。

 その星野の待望の新刊が3月30日にKADOKAWAから発売される。雑誌ダ・ヴィンチに2014年12月号から連載中のエッセー「いのちの車窓から」に新たに書き下ろしを加えたもの。音楽家・俳優に加え、文筆家としても活躍する星野が約2年にわたり見てきたもの、感じてきたことが満載で、「こっそり別人としてTwitterをやっていたエピソード」、「自分が人見知りであると自ら言うことをやめたきっかけ」、「これまでに出演したドラマの撮影現場での<秘話>」、「紅白初出場が決まった瞬間のできごと 」、「大ヒット曲「SUN」「恋」ができるまで」、「星野の心を揺さぶった笑福亭鶴瓶の言葉」、「“兄さん”こと大泉洋の存在」など星野の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ1冊。表紙カバーの装丁は大ヒットシングル「恋」のジャケットなどを担当した吉田ユニ氏によるもので、ちょっとした仕掛けが施されているという。仕掛けの内容は買ってからのお楽しみだ。


芸能ニュースNEWS

高杉真宙&葵わかな、青春の思い出を語る 「周りの光を見ていた」

映画2017年6月27日

 映画『逆光の頃』の特別試写会が27日、東京都内で行われ、主演の高杉真宙、葵わかな、小林啓一監督、原作者のタナカカツキ氏が登壇した。  本作は、30年前に連載されたタナカ氏の名作コミックを実写映画化。古都・京都を舞台に、高校2年生の赤田孝豊 … 続きを読む

満島ひかり&永山絢斗がツーショット登壇 破局危機問われるも笑顔

映画2017年6月27日

 映画『海辺の生と死』の舞台あいさつ付き完成披露上映会が27日、東京都内で行われ、出演者の満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種と越川道夫監督が出席した。  本作は、互いに小説家である島尾敏雄とその妻・島尾ミホが、それぞれ執筆 … 続きを読む

オリラジ藤森「本編にはチャラさゼロです」 『カーズ~』で松岡茉優と声優に挑戦!

映画2017年6月27日

 映画『カーズ/クロスロード』新車発表会見が27日、東京都内で行われ、来日ゲストのブライアン・フィー監督とアンドレア・ウォーレン共同プロデューサー、日本語吹き替え版の声優を務めた松岡茉優、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が登壇した。  ディズ … 続きを読む

キスマイ北山宏光、堂々と小学生役 舞台上では「16歳って決まっている」

舞台・ミュージカル2017年6月27日

 舞台「あんちゃん」公開舞台稽古および囲み取材が27日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、ベンガル、荻野目慶子が出席した。  田村孝裕氏の作・演出によるオリジナル作品として上演する本作は、幼いころに父に捨てられた青 … 続きを読む

阿部サダヲ、歌って踊って「ここまで変わるの!」 「髑髏城の七人 Season鳥」に主演

舞台・ミュージカル2017年6月27日

 劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season鳥」プレスコールが27日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子が初日公演に向けてコメントを寄せた。  都内、豊洲にオープンした「IHIステージアラウンド東京」のこけら … 続きを読む

page top