星野源、東京メトロのトレインジャック 新刊のカバーに施された仕掛けに注目!

2017年2月17日 / 19:02

星野源著「働く男」文春文庫(左)と「いのちの車窓から」KADOKAWA

 昨年放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、「真田丸」で人気の俳優、星野源の著書「そして生活はつづく」「働く男」などを発行している文藝春秋は27日から東京メトロ銀座線、丸ノ内線ですべての車両内広告枠を星野の書籍広告でジャックした車両を走らせる。先頭車両から最後尾の車両まで、中づり、まど上、ドア横ポスター、ステッカー、ビジョンがすべて星野のビジュアルで埋め尽くされる。どちらの路線とも1編成ずつなので、いつどの駅で合えるかはシークレット。文藝春秋も東京メトロも問い合わせには対応していないので、出合えたらラッキー。

 また文春文庫では、このトレインジャックに先がけて15日からTwitterフォロー&リツイートキャンペーンを行っている。文春文庫のTwitterアカウントをフォローして、指定の投稿をリツイートすると、抽選で20人に図書カード5000円分がプレゼントされる。運だめしと思って応募してみよう。

 その星野の待望の新刊が3月30日にKADOKAWAから発売される。雑誌ダ・ヴィンチに2014年12月号から連載中のエッセー「いのちの車窓から」に新たに書き下ろしを加えたもの。音楽家・俳優に加え、文筆家としても活躍する星野が約2年にわたり見てきたもの、感じてきたことが満載で、「こっそり別人としてTwitterをやっていたエピソード」、「自分が人見知りであると自ら言うことをやめたきっかけ」、「これまでに出演したドラマの撮影現場での<秘話>」、「紅白初出場が決まった瞬間のできごと 」、「大ヒット曲「SUN」「恋」ができるまで」、「星野の心を揺さぶった笑福亭鶴瓶の言葉」、「“兄さん”こと大泉洋の存在」など星野の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ1冊。表紙カバーの装丁は大ヒットシングル「恋」のジャケットなどを担当した吉田ユニ氏によるもので、ちょっとした仕掛けが施されているという。仕掛けの内容は買ってからのお楽しみだ。


芸能ニュースNEWS

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の“卒業後”オファーに「正直悩んだ」

舞台・ミュージカル2017年12月16日

 スペシャルトークイベント「メサイア -TALK MISSION'17-」が16日、東京都内で行われ、キャストの杉江大志、長江崚行、山沖勇輝、橋本真一、山本一慶、宮城紘大、小谷嘉一ほかが登壇した。 続きを読む

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉

映画2017年12月16日

 映画『花筺/HANAKAGAMI』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、大林宣彦監督と出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘奈、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩ほかが登壇した。  本作は、大林監督が肺がんのステージ4で余命3カ月 … 続きを読む

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」

映画2017年12月16日

 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、土屋太鳳ほかが登場した。  本作は、結婚式の直前に意識不明となった花嫁(土屋)を、新郎(佐藤)が8年間待ち続けた実話を基に描いた、奇跡のラブス … 続きを読む

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」

映画2017年12月16日

 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌音、千葉雄大、日野晃博監督が出席した。  本作は、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」シリーズの劇場版第4弾。これまで描かれて … 続きを読む

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」

映画2017年12月15日

 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松田龍平が登壇した。  シリーズ累計動員数が200万人を突破し、松田と共にくす玉を割って祝った大泉は「200万人ってちょっとピンとこない。200 … 続きを読む

page top