星野源、東京メトロのトレインジャック 新刊のカバーに施された仕掛けに注目!

2017年2月17日 / 19:02

星野源著「働く男」文春文庫(左)と「いのちの車窓から」KADOKAWA

 昨年放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、「真田丸」で人気の俳優、星野源の著書「そして生活はつづく」「働く男」などを発行している文藝春秋は27日から東京メトロ銀座線、丸ノ内線ですべての車両内広告枠を星野の書籍広告でジャックした車両を走らせる。先頭車両から最後尾の車両まで、中づり、まど上、ドア横ポスター、ステッカー、ビジョンがすべて星野のビジュアルで埋め尽くされる。どちらの路線とも1編成ずつなので、いつどの駅で合えるかはシークレット。文藝春秋も東京メトロも問い合わせには対応していないので、出合えたらラッキー。

 また文春文庫では、このトレインジャックに先がけて15日からTwitterフォロー&リツイートキャンペーンを行っている。文春文庫のTwitterアカウントをフォローして、指定の投稿をリツイートすると、抽選で20人に図書カード5000円分がプレゼントされる。運だめしと思って応募してみよう。

 その星野の待望の新刊が3月30日にKADOKAWAから発売される。雑誌ダ・ヴィンチに2014年12月号から連載中のエッセー「いのちの車窓から」に新たに書き下ろしを加えたもの。音楽家・俳優に加え、文筆家としても活躍する星野が約2年にわたり見てきたもの、感じてきたことが満載で、「こっそり別人としてTwitterをやっていたエピソード」、「自分が人見知りであると自ら言うことをやめたきっかけ」、「これまでに出演したドラマの撮影現場での<秘話>」、「紅白初出場が決まった瞬間のできごと 」、「大ヒット曲「SUN」「恋」ができるまで」、「星野の心を揺さぶった笑福亭鶴瓶の言葉」、「“兄さん”こと大泉洋の存在」など星野の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ1冊。表紙カバーの装丁は大ヒットシングル「恋」のジャケットなどを担当した吉田ユニ氏によるもので、ちょっとした仕掛けが施されているという。仕掛けの内容は買ってからのお楽しみだ。


芸能ニュースNEWS

山田孝之、米大統領の声を演じる 「ドナルド・トランプの声ができるなんて最高」

映画2017年10月21日

 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、声優を務めた山田孝之、知英、安田顕、FROGMAN監督が登壇した。  本作は、日本の低予算フラッシュアニメーション「秘密結社 鷹の爪」と、バットマン、 … 続きを読む

満島真之介、高橋一生と妄想トークを展開 「僕があなたをデートに誘えるのはいつ?」

映画2017年10月21日

 映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の桜井ユキ、佐々木一平、阿部純子、満島真之介、高橋一生、二宮健監督ほかが出席した … 続きを読む

橋本環奈、福田監督のイジりに悲鳴 「そういうこと言わないで!」

映画2017年10月21日

 映画『斉木楠雄のΨ難』の公開初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシと福田雄一監督が出席した。  本作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の同名ギャグ漫画を映画化。 … 続きを読む

瑛太「ガッキーのことを言うとたたかれる」 「普通に仕事をしているだけなのに」

映画2017年10月21日

 映画『ミックス。』初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の新垣結衣、瑛太、広末涼子、永野芽郁、佐野勇斗、田中美佐子、遠藤憲一と石川淳一監督が登壇した。  本作は、恋人も仕事も失った元天才卓球少女の多満子(新垣)や妻と娘に見捨て … 続きを読む

菅田将暉「校閲ボーイじゃなく高熱ボーイでした」 山田裕貴から「人を超えたね」と言われた

映画2017年10月21日

 映画『あゝ、荒野』後篇の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、主演の菅田将暉、岸善幸監督、主題歌「今夜」を手掛けたBRAHMANのTOSHI-LOWが登壇した。  寺山修司の唯一の長編小説を2部作で映画化した本作。プロボクサーとして … 続きを読む

page top