平埜生成&超新星ユナク 連続ドラマ「バウンサー」の撮影スタート

2017年1月26日 / 20:40

(C)2017スカパー!/スタジオブルー

 BSスカパー!は4月14日からオリジナル連続ドラマ「バウンサー」を放送する。原作は男性だけでなく、女性からも絶大な支持を集めるアウトロー漫画家みずたまこと氏の「バウンサー」(秋田書店刊『別冊ヤングチャンピオン』連載中)。

 こらえ性がなく、許せないことがあると我慢ができず、すぐに喧嘩をしてしまう獅子戸丈一郎(ししどじょういちろう)は、ある出来事がきっかけで夜の街の用心棒集団・民間警備会社「東京フィスト」に研修生として入社する。研修中の直属の上司として、敏腕社員で超高圧的な性格の蜂野信也(はちのしんや)と出会い、獅子戸は次々に現れる猛者たちに圧倒されながらも、肉体的にも精神的にも少しずつ成長していく。

 獅子戸役を俳優・平埜生成(ひらのきなり)が、蜂野役を男性ボーカルグループ・超新星のユナクが務める。主演2人がそろった撮影では、ユナクは韓国から到着後すぐに現場に合流。キャストやスタッフに声をかけ、現場を盛り上げた。

 一方、平埜はこの作品で日本人役を初めて演じるユナクに、日本語のイントネーションを教え、撮影開始から自主的に2人でセリフ合わせをする場面もあり、作品に対する意気込みが現れていた。アクションシーンも多いこのドラマでは、息の合った演技が必要不可欠。今後の撮影そして作品の仕上がりに期待が高まる。

 平埜は「4月にぴったりの作品だと思います。腐った若者が何かを見つけようと、光に向かって歩み出す話です。何か新しいことを始める人にぜひ見てもらって、自分自身の譲れないモノを見つけてもらえるとうれしいです。“獅子戸がどんな人生を歩んできたか”ということはブレないようにやっていきたいです。映像化でしか表現できないこと、漫画でしか表現できないこと、“なぜこの作品を実写化するか?”を考えて演じたいです」とコメント。

 ユナクは「日本人の役が初めてでプレッシャーはありますが、スタッフ含めキャストの方たちが指導してくれるし、すごい勢いを感じます。平埜くんは獅子戸と真逆の性格で、撮影現場ではすごく真剣に役作りを考えていて感心しています。蜂野は自分の性格と近いキャラクターで、自分なりの蜂野に消化できるように演じたいと思います。この作品を見た人に『(原作の蜂野に)本当、近いな』、『(蜂野の役が)ユナクでよかったな』『ユナクが演じているように見えなかった。蜂野にしか見えなかった』と言われたいです」と、両者とも気合の入った様子で語った。

平埜生成(左)とユナク

平埜生成(左)とユナク


芸能ニュースNEWS

広瀬すず“最も美しい顔”選出に喜び Matt「今年は加工しかしていない1年」

授賞式2019年12月13日

 「VoCE BEST COSMETICS AWARDS 2019」が13日、東京都内で行われ、受賞者の広瀬すずとMattが登場した。  美容雑誌『VoCE(ヴォーチェ)』が主催する同アワードは、その年に最も優秀なコスメなどを選出するもの。 … 続きを読む

寺尾聰「何だか知らないけど、向井理が好き」 「これだけクールに侍を演じる人はいない」

ドラマ2019年12月13日

 正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP~天空の鷹~」の試写会が13日、東京都内で行われ、出演者の向井理と寺尾聰が出席した。  本作は、2018年に放送され、好評を博した土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」の続編スペシャル。市兵衛(向井 … 続きを読む

のん、4時間かけてウォールアートを制作 「ポップな感じと透明感を意識しました」

イベント2019年12月12日

 フランス産スパークリングワイン「カフェ・ド・パリ」のポップアップ・バー「Cafe de Paris“My Sparkling Time”Decorated by のん」記者発表会が12日、東京都内で行われ、創作あーちすとで女優ののんが出席 … 続きを読む

中村倫也、タキシード姿で「僕は今日は5割増し」 蜷川実花、沢尻エリカに関する質問には無言

授賞式2019年12月12日

 「ELLE CINEMA AWARDS 2019」授賞式が12日、東京都内で行われ、受賞者の門脇麦、中村倫也、佐久間由衣、蜷川実花監督が登場した。  同アワードはファッションメディア『ELLE(エル)』が独自の視点で、その年のナンバーワン … 続きを読む

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見 「あと数日で、世界中に秘密にしていたことから解放される」

映画2019年12月12日

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の来日記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者のデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、J.J.エイブラムス監督ほかが登壇した。  本作は、ス … 続きを読む

page top