新海誠監督『君の名は。』宣伝Pをハグで祝福 「作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげ」

2016年12月3日 / 12:58

新海誠監督(左)と東宝宣伝プロデューサーの弭間友子さん

 日経WOMANが各界で最も活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」授賞式が2日、東京都内で行われ、映画『君の名は。』のメガヒットの立役者である弭間(はずま)友子さんが大賞を受賞。会場には新海誠監督も駆け付け、“ハグ”で弭間さんを祝福した。

 弭間さんは東宝の宣伝プロデューサー。『君の名は。』は社会現象と言われるほどの大ヒットを記録しているが、弭間さんは企画のスタートから宣伝まで全てに関わり、映画を成功に導いた。『言の葉の庭』(2013年)でも新海監督とタッグを組み、舞台あいさつでは新海監督と共に全国を巡った。信頼関係はそこで築かれたという。

 新海監督は祝辞の中で「『君の名は。』という映画は男女が入れ替わってしまう物語ですが、もし僕が弭間さんと入れ替わってしまったとしたら、この映画の宣伝に途方に暮れてしまったでしょう。監督は無名であり、有名原作でもないオリジナルで、テレビ局の映画でもない。どこをフックに観客に届けられるのかって…」と述べた。

 また「集団製作の現場で時々見掛ける“輝く人”とは、やっぱり作品を愛している人。そういう人の言うことは“ちょっと聞いてみなければいけないんじゃないか”という気持ちにさせられる。弭間さんは、まさにそういう人で、いろんなところで衝突もしたのですが、“弭間さんが言うならそうなのかもしれない”という気持ちにさせられました。この作品が遠くまで届いたのは弭間さんのおかげです」と感謝の思いを口にした。

 弭間さんも「監督が現場で、どんどん痩せていく姿を見て“本当に命を懸けて作っている”というのを感じたので、私も『命を懸けて宣伝します』と言わせていただいた。そしてこういう形で花が咲いた。私はいつも裏方にいるのですが、その場所にも、こういうふうに光を当てていただいたのがとてもうれしいです」と満面の笑みを浮かべた。

 囲み取材では、今後の野望についての質問も。新海監督は「(今回のヒットの)再現性はないと思う。同じことを狙ってもできない。できることはベストの作品を作り続けることだけ」と語った。

 一方、弭間さんは「1回、ここまでの成績を出すことができたので、2回でも3回でも何回でもここに戻ってくることはできる。監督は背負わなくてもいいけど、私は背負って、監督をまたここに連れて来られるように頑張ります」と言葉に力を込めた。


芸能ニュースNEWS

谷まりあ、出川哲朗の言葉に感謝 「恥ずかしいけれど、愛を感じます」

トレンド2019年12月10日

 新たな福祉づくりに挑戦する若手を表彰する「社会福祉HERO’S TOKYO 2019」全国大会が10日、東京都内で行われ、スペシャルアンバサダーを務める谷まりあが出席した。 続きを読む

長谷川京子、8年ぶりに舞台出演 「絶対できるという根拠のない自信」

舞台・ミュージカル2019年12月10日

 舞台「メアリ・スチュアート」制作発表会が10日、東京都内で行われ、出演者の長谷川京子、シルビア・グラブ、三浦涼介、吉田栄作ほかが登壇した。  本作は、16世紀のスコットランド女王メアリ(長谷川)とイングランド女王エリザベス(シルビア)の歴 … 続きを読む

神木隆之介「やった!うれしいっす!」 クイズ対決で浜辺美波&中村倫也に勝利

映画2019年12月10日

 映画『屍人荘の殺人』ミステリー愛好会限定謎解きイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、浜辺美波、中村倫也、ゲストとして謎解きクリエイターの松丸亮吾が出席した。  本作は、「第18回本格ミステリ大賞」に輝いた今村昌弘氏の小説を … 続きを読む

のん「あのシーンも、このシーンも加わるんだと喜んだ」 「驚きのある作品になっていると思います」

映画2019年12月10日

 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のスペシャルライブ付き特別試写会が9日、東京都内で行われ、ヒロインすずの声を演じたのんと音楽を担当したコトリンゴが登壇した。  本作は、新たに250を超えるカットが書き加えられた『この世界の片隅 … 続きを読む

きゃりーぱみゅぱみゅ、メルカリにハマる 「最近はクラッチバッグを売りました」

トレンド2019年12月9日

 「渋谷キャッシュレスプロジェクト」1日店長イベントが9日、東京都内で行われ、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが登場した。 続きを読む

page top