宮崎あおい、カエラとの対面に大喜び 実は大ファン「今日はるんるんです」

2016年10月6日 / 21:33

木村カエラの大ファンという宮崎あおい

 映画『バースデーカード』完成披露上映会が6日、東京都内で行われ、出演者の橋本愛、ユースケ・サンタマリア、須賀健太、宮崎あおいと主題歌を歌う木村カエラ、吉田康弘監督が出席した。

 吉田監督がオリジナル脚本を手がけたこの作品は、毎年届く“バースデーカード”に書かれたメッセージを通して、亡くなった母親(宮崎)と遺された家族とのきずなや深い愛情を描く。

 主人公・紀子を演じた橋本は脚本を読んだ際に「お母さんを亡くした決定的な瞬間を描いていないところにすごく興味をひかれ、そこではなく人生や生活をちゃんと描こうという心意気についていきたいと思った」と出演の決め手を語り、初共演で母子を演じた宮崎も「悲しい方向に引っ張っていない、その先に家族が生きていくさまに重きをおいている」という物語に好感を持ったという。

 主題歌「向日葵」について木村は「子は親にとって太陽であること、太陽を見続ける親という関係性をうまく歌詞にできればいいなと思いました」と振り返った。「個人的にカエラちゃんの大ファンで、昔から大好き」という宮崎は「こうして一緒に舞台あいさつに立つということはカエラちゃんに会えるということなので、今日はるんるんです」とご機嫌に喜びを語った。

 また、印象に残ったシーンを問われた橋本、宮崎、須賀が挙げたシーンはどれもユースケのアドリブによるものだという。ユースケは「アドリブしかやっていないわけじゃないですよ。監督も(ユースケが)いいと思ったらそれでいきましょうと言ってくれて、そういうものがけっこうあった。それがまるで伏線かのようになって奇跡の展開を見せました」と胸を張ったが、吉田監督は「ときどきまったく使えないアドリブもされますけどね」とばっさり斬り捨て笑いを誘っていた。

 映画は10月22日から全国ロードショー。

(左から)吉田康弘監督、ユースケ・サンタマリア、宮崎あおい、橋本愛、須賀健太、木村カエラ

(左から)吉田康弘監督、ユースケ・サンタマリア、宮崎あおい、橋本愛、須賀健太、木村カエラ


芸能ニュースNEWS

池松壮亮「これからも一本一本こだわって…」 “渾身の一作”で最優秀男優賞を受賞

授賞式2017年11月19日

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀男優賞を受賞した池松壮亮ほかが登壇した。  『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『続・深夜食堂』『永い言い訳』などでの演技が評価された池松は、ステージ上に丸刈り姿で登場 … 続きを読む

高杉真宙、今年は出演作6本が公開に 「めまぐるしく、充実した日々でした」

授賞式2017年11月19日

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀新進男優賞を受賞した高杉真宙、間宮祥太朗ほかが登壇した。  高杉は今年、『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『PとJ … 続きを読む

長澤まさみ、最優秀女優賞を獲得 「まだまだお芝居を頑張っていきたい」

トレンド2017年11月18日

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀女優賞を受賞した長澤まさみ、満島ひかりほかが登壇した。 続きを読む

土屋太鳳、スピーチ中に思わず涙 「いつの間にか“でこぼこな心”に」

授賞式2017年11月18日

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀新進女優賞を受賞した土屋太鳳、石橋静河ほかが登壇した。  土屋は『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』などでの演技が認められて受賞した。スピーチでは、こ … 続きを読む

関ジャニ・丸山、宮川大輔への思いを否定される 「時間を巻き戻してもいいですか」

映画2017年11月18日

 映画『泥棒役者』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者で関ジャニ∞の丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、高畑充希、宮川大輔、西田征史監督ほかが登壇した。  単独では映画初主演となった丸山は「もちろんプレッシャーはあっ … 続きを読む

page top