男子高校生による脚本・監督作がドラマ化! 堀井新太が高校生の言葉で…

2016年9月29日 / 20:01

主演の戸塚純貴

 第3回「ドラマ甲子園」大賞受賞作品「変身」の完成披露試写会および記者発表が29日、東京都内で行われ、大賞を受賞し、また脚本・監督を務めた佐藤孝樹、戸塚純貴、堀井新太、松井愛莉、濱田マリが登壇した。

 高校生を対象に脚本を募集する本コンテストで大賞を受賞したのは、17歳(現在は18歳)の男子高生。本作では、高校生デビューを決意した奥手の男子高校生の恋と友情と成長が描かれる。

 佐藤は「自分が書いたものが多くの人に見られることは恥ずかしさと、すごいという感動があります。作品を通して、一生忘れられない夏休みを過ごせて、自分も成長できたと思います」としみじみ。戸塚も「初めてドラマ主演させていただき、たくさん学ばせていただきました」と、役者として多くの糧を得たことを感慨深げに語った。

 プロの役者やスタッフとのタッグは、「コミュニケーション能力に自信がなかったので、演技指導などでしっかり自分の思いを伝えられるか不安だった」と吐露するが、濱田は「コミュ力が高い」と声を張ると、「監督の中には、話をする時の人格で好きかな、無理かなというのがあるんですけど、佐藤監督は好き!」と笑顔。絶妙なタイミングで優しくダメ出しをするところが「惚れるポイント」だったとか。

 堀井は「監督だから高校生ということは意識しなかったけど、『よーい、スタート』のところを『よーい、ドン』と言って、みんなをずっこけさせたところは初めてらしいなと思った」と暴露して佐藤を恥ずかしがらせた。しかし、「もっと格好良く」とリクエストされて悩んだ時は、佐藤自らの演技指導で「格好良さ」を教えてもらったそうで、「指示がわかりやすかった」と絶賛した。

 一方、佐藤の理想が詰まったヒロイン役を演じる松井は、「私ももっとかわいくしてくださいと言われるんですけど、どうやったらいいかがわからなくて大変でした」と告白。そんな松井に佐藤が「最初から全然かわいかったんですけど…」とフォローすると、堀井は「俺が格好良くないみたい」とすねて、会場の笑いをさらった。

(左から)濱田マリ、堀井新太、佐藤考樹、戸塚純貴、松井愛莉

(左から)濱田マリ、堀井新太、佐藤考樹、戸塚純貴、松井愛莉


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top