壇蜜、“透け感”出せず「コンプラなんとかが…」 肩を抱くスキンシップで夏が終わる

2016年8月31日 / 21:47

武則天をイメージした宮廷衣装で登場した壇蜜

 「武則天 -The Empress-」DVDリリース記念イベントが8月31日、東京都内で行われ、壇蜜が武則天をイメージした中国の宮廷衣装で出席した。

 この映画は、中国史上唯一の女帝“武則天”の愛と野望が渦巻く生涯を描いた歴史エンターテインメント。嫉妬と陰謀に満ちた後宮から皇帝へと上りつめた武則天にちなみ、“生き残り”をかけた競争の激しい芸能界の裏側について「私の経験上、銀座のほうがすごかったのではないかと…。ヘルプやお手伝いの立場でもそう思っていましたから、芸能界が平和に感じちゃうのはそういう背景があるからかも」と自らの経験から推測した。

 「首から下の再現率は素晴らしい」と武則天コスプレにご満悦の壇蜜だったが、「本来はもっと透け感があるらしく、劇中では『え、それ見えてない!?』という衣装もありました。それも再現していいよと言ったのですが、すみません。“コンプラなんとか”がなければもっと善処できたのですが…」と露出度が低い理由を明かして笑わせた。

 武則天ばりの野望には「セグウェイがほしい」と挙げつつも、国内では公道を走れないことから断念したといい、あらためて「ファンのためにいろいろなものに出ていきます。絶やさないこと、続けていくことも野望のひとつだと思います」としみじみ語った。

 また、大学時代に学んでいた中国語を再び勉強しなおしていることから、劇中のせりふを発音ととともに解説する場面も。この夏の“ウォーアイニー”的な思い出を問われると「技術班の方から『壇蜜さん、僕はもう肩を抱いてくれないとだめです』と言われて、肩を抱くスキンシップで夏は終わりました。“男成分”を補給できたのはよかった」と恋までは発展しなかったと残念がっていた。

劇中のせりふを使った中国語講座も行った

劇中のせりふを使った中国語講座も行った


芸能ニュースNEWS

阿部顕嵐、就活とジャニーズの共通点を語る 仲間のデビューを祝福も「嫉妬もあったり…」

舞台・ミュージカル2017年11月24日

 舞台「何者」公開舞台稽古および囲み取材が24日、東京都内で行われ、出演者の阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、美山加恋、長妻怜央(Love-tune/ジャニーズJr.)、鈴木勝大、宮崎香蓮、小野田龍之介、演出の丸尾丸一郎氏が … 続きを読む

桐谷美玲、胸元の開いたドレスで登場 「いつもよりも大人っぽくドレッシーに…」

授賞式2017年11月24日

 「BVLGARI AVRORA AWARDS 2017」ゴールデンカーペットセレモニーが23日、東京都内で行われ、授賞式で司会を務めた桐谷美玲、受賞者で女優の大竹しのぶ、写真家の蜷川実花氏、漫画家のヤマザキマリ氏、ダンサーの菅原小春ほかが … 続きを読む

菅原小春、三浦春馬との破局質問にタンバリンで対応 「土っぽく、人間っぽく、人生を表現していきたい」

授賞式2017年11月24日

 「BVLGARI AVRORA AWARDS 2017」ゴールデンカーペットセレモニーが23日、東京都内で行われ、受賞者としてダンサーで振付師の菅原小春、女優の大竹しのぶ、写真家の蜷川実花氏、漫画家のヤマザキマリ氏ほかが登場した。  本賞 … 続きを読む

大竹しのぶ、女優としての“信念”を語る 「人生にうそをつかないことが大切」

トレンド2017年11月24日

 「BVLGARI AVRORA AWARDS 2017」ゴールデンカーペットセレモニーが23日、東京都内で行われ、受賞者で女優の大竹しのぶ、写真家の蜷川実花氏、ダンサーの菅原小春、授賞式で司会を務めた桐谷美玲ほかが登場した。 続きを読む

菅田将暉「メモリアルな日々でした」 “漫才師”として生きた『火花』を振り返る

映画2017年11月23日

 映画『火花』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督、原作者の又吉直樹(ピース)が登壇した。  又吉の芥川賞受賞作を映画化した本作は、売れない若手芸人が一旗揚げ … 続きを読む

page top