中居正広が“神センス”を披露 チャックを開けて司会、その意図は?

2016年6月14日 / 15:57

(左から)田中美佐子、ウエンツ瑛士、梅沢富美男

 SMAPの中居正広が司会を務めるバラエティー番組「中居正広の神センス☆塩センス!あの時どうすりゃよかったの!?」がフジテレビ系で20日に放送される。

 番組では、年齢、性別、ジャンルも多岐にわたる女性ゲスト(おかずクラブ、鈴木奈々、高橋真麻、田中美佐子、二階堂ふみ、吉川美代子)や男性ゲスト(オードリー、ウエンツ瑛士、梅沢富美男、高畑裕太、長嶋一茂)を迎え、「一体、あの時どうすりゃよかったの!?」といまだに正解が分からない過去の体験をテーマに、その対応は模範的な“神対応”だったのか、駄目な“塩対応”だったのかを徹底討論する。

 田中は友人の恥ずかしい状況を目の前にした際、どういう行動が正解だったのか、いまだに悩んでいるという。ある日、友人と待ち合わせをしていたところ、友人の姿を見て田中は驚く。スカートからトイレットペーパーを5メートル近くもたなびかせながら歩いてきたという。そこで、田中が取った行動とは…。

 中居も他の事例を挙げてみんなで考えてみることに。もしもチャックが開いていたらどう思う? と実際に自分のチャックを開けて司会をしてみることに。「こんな状況だったら言える?」と問い掛け、さらにはゲストの梅沢を引き合いに出し「梅沢さん(のチャック)が開いていたら言える?」と聞く中居に出演者たちは「ううん…」と考え込んだ。

 さらには、二階堂のセンスに一同が驚く一幕も。二階堂はある舞台の出演者たちとの顔合わせでの出来事を披露する。ある俳優の顔を見て、初対面かそうでないか悩んだ末に会ったことがあると判断。「お久しぶりです」とあいさつしたところ、「今回が初めて」と言われてしまう。その時二階堂が取った行動とは?

 そして収録後、今回の収録を盛り上げるため、中居がまさに“神センス”な行動を取っていたことが判明。中居は「こちらが(心を)開いてないのに皆さんに開かせるのはいけないと思い、まずは自分からいきました」と収録開始直後、台本にないインターネットへの思いを赤裸々に語り始め、その理由を説明した。

 また「最初は立ってましたが、座って、ゲストの皆さんと同じ目線にした方が良いかなと思いました」と、番組を進行するため姿勢にも注意を払っていることを明かした。中居は「次回はないと思って作っています。それぐらいの思いでやっています。もう次はないのでぜひ見てください」とアピールした。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波「戻りたいのは平成時代」 「小学2年生の自分に食育したい」

2019年9月21日

 アニメ映画『HELLO WORLD』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海、松坂桃李、浜辺美波、福原遥と伊藤智彦監督が登壇した。  本作は、ヒットメーカーの伊藤監督が新たに手掛けるSF青春ラブストーリー。  劇 … 続きを読む

吉岡里帆「見えない目撃者」に自信 ハワイ映画祭に出品「反応楽しみ」

映画2019年9月21日

 映画『見えない目撃者』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演の吉岡里帆、高杉真宙、浅香航大、田口トモロヲと森淳一監督が登壇した。  本作は、吉岡演じる視力を失った警察官が“目撃”した、連続猟奇殺人事件の謎に迫るR15指定(15 … 続きを読む

松本穂香、ふくだももこ監督と熱い抱擁 ふくだ監督「これからも、穂香ちゃんと一緒に映画を撮っていられるように」

映画2019年9月21日

 映画『おいしい家族』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、板尾創路、浜野謙太、笠松将、モトーラ世理奈、三河悠冴、柳俊太郎、ふくだももこ監督が登壇した。  本作では、都会の生活に疲れた主人公・橙花(松本)が、母の三 … 続きを読む

上白石萌音、フランス語で歌唱を披露し「ド緊張」 美術展の“音声ガイドナビゲーター”に就任

トレンド2019年9月20日

 「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」の取材会が20日、神奈川県内で行われ、同展の音声ガイドナビゲーターを務める女優の上白石萌音が出席した。 続きを読む

中尾明慶、5歳息子から「パパすごい!」 「怪獣の番組の声、尊敬され鼻が高い」

アニメ2019年9月20日

 NHK Eテレミニアニメ「かいじゅうステップ ワンダバダ」の試写会が19日、東京都内で行われ、ナレーションを務めた中尾明慶、声優の久野美咲(ピグちゃん役)、福圓美里(カネちゃん役)、真堂圭(ダダちゃん役)と、キャラクターデザインを手掛けた … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top