森田剛“壁ドン”シーンには消極的? 濱田岳「僕の“もち肌”どうだった」

2016年6月11日 / 20:19

森田剛と共演した濱田岳

 映画『ヒメアノ~ル』の大ヒット御礼舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の森田剛、濱田岳、吉田恵輔監督が出席した。

 この日は、森田の発案で三人が客席で映画を鑑賞。上映後、司会者の紹介と共に三人が客席から立ち上がると、“潜入”を知らなかった観客から驚きの悲鳴と黄色い歓声が上がった。

 古谷実氏のベストセラーコミックを映画化した本作で、ある事件をきっかけに欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者“森田”を演じた森田は「こういう形で皆さんとご一緒できてうれしいです」と笑顔であいさつ。

 “森田”との再会によって事件に巻き込まれる岡田役の濱田も「森田さんの狂気、ムロ(ツヨシ)くんの変態っぷり、そして僕の“もち肌”、どうだったでしょうか?」と笑わせつつ、「皆さんと見ることができたのは貴重な経験でした」と満足げにほほ笑んだ。

 会場では、観客からの質問に答えるコーナーを実施。吉田監督は「また森田さんと映画を撮る場合、どんな作品を撮りたいですか?」という質問に「一番森田くんが嫌がりそうな壁ドンのバーンという感じの作品を撮りたい」と答え、「そこで森田くんが(言うのに)ゾッとさせるようなせりふをいっぱい書きたい」とニヤリ。

 「いじめだな…」と苦笑いした森田は「壁ドンはどうなんだろう…?」と首をひねったが、会場から期待の拍手が起こると、「いや、できないな~。膝が笑っちゃいそう」とやはり消極的。それでも森田が「監督となら何の役でも。どんどん映画を撮ってほしい」と語ると、吉田監督も「10分に1回壁ドン!」とノリノリだった。

 また「一番つらかった撮影シーン」を問われた森田は、「どこだろうな。居酒屋(のシーン)とかは結構たばこを吸ってきつかったです。あと、警察官との取っ組み合いのシーンも体力的にはきつかったかな。格闘技みたいな感じだったので、終わった後に腕に力が入らなくてブランブランしました。けがはなかったんですけどね」と現場での苦労を振り返った。

吉田恵輔監督(左)と濱田岳

吉田恵輔監督(左)と濱田岳


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top