二階堂ふみ、赤い金魚の化身を演じる 「17歳のころから映画にしたいと思っていた」

2016年4月2日 / 15:47

“赤納め”を撤回した二階堂ふみ

 映画『蜜のあわれ』の公開記念舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏、韓英恵、渋川清彦、石井岳龍監督が登壇した。

 本作は、室生犀星が晩年に発表した小説『蜜のあわれ』を映画化したもの。犀星自身を想起させる老作家(大杉)と、彼がめでる少女の姿に変貌する金魚(二階堂)との無邪気かつエロティックな触れ合いを艶やかに描く。

 金魚の赤子を演じた二階堂は「17歳のころに原作を読んで、それからずっとこれを映画にしたいと思っていたので、実際にこの日を迎えられてすごく不思議な気持ちと言いますか…。やはり思い続けていたものが一つの作品になるというのはうれしいです」と感慨深い様子であいさつした。

 一方「今日で一区切りつくので“赤納め”ですね」と劇中やプロモーションで着続けてきた赤い衣装に別れを告げた二階堂。これを聞いた石井監督が「二階堂さん、赤いドレス、今日でお別れではなくて、ぜひあと1年ぐらいは着てください。すごく寂しいです」と懇願。二階堂も「1人でも多くの方に見ていただきたいので…。赤をもう少し着続けたいと思います」と笑顔で応じた。

 また、老作家を演じた大杉は「ちょうど1年前のこの日がクランクイン。書斎のセットで二階堂さんが赤いドレスで現れて『おじさま』というせりふだったのですが、その一言を聞いた時に、赤子がいる、金魚がいると思った。その時に、この映画はきっと人間のいろんなエレメント(要素)が散りばめられた、“味わえる作品”になると感じたんです」と振り返った。

 老作家への愛を募らせてこの世によみがえった幽霊のゆり子を演じた真木も「純文学の作家の狂気と危うさを1ページ1ページめくって読んでいるような気分だった」と本作の印象を語り、「赤子もすごくプリティーだったし…。本当に幻想的で、他の映画とは違う世界観が広がっています」と魅力をアピールした。

(左から)永瀬正敏、高良健吾、二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子

(左から)永瀬正敏、高良健吾、二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子


芸能ニュースNEWS

高橋一生「僕は相河一輝に限りなく近い」 主演ドラマのSPイベントは「とても楽しみ」

イベント2018年11月19日

 スペシャルイベント「僕らはドラマと音楽と奇跡でできている体感ライブ」が19日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、児嶋一哉(アンジャッシュ)、矢作穂香、北香那、戸田恵子ほかが登場した。  イベントは、生き物の“フシギ”が大好きな大学講師・ … 続きを読む

チョコレートプラネットが休養よしこの様子を明かす 長田「結構あっけらかんとしていました」

トレンド2018年11月19日

 「ソフトバンクロボティクス/ソフトバンク新製品発表会」が19日、東京都内で行われ、女優でモデルの河北麻友子、お笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿が出席した。 続きを読む

乃木坂46・若月佑美、卒業前最後の舞台 「ついにこの日が来たか!」

舞台・ミュージカル2018年11月19日

 舞台「鉄コン筋クリート」の囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者で乃木坂46の若月佑美、三戸なつめほかが登壇した。  本作は、松本大洋氏の同名コミックを舞台化したもので、暴力が飛び交い、大人の思惑がうごめく街に暮らす少年シロとクロが互 … 続きを読む

山崎努、樹木希林さんとの共演を回顧 「現場ではものすごく元気で…」

授賞式2018年11月19日

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、映画『モリのいる場所』に出演した俳優の山崎努が登壇した。  本作は、30年間一歩も家の外へ出ることなく、庭の生命を見つめ、描きつづけた伝説の画家・熊谷守一(通称モリ)の生涯を描 … 続きを読む

吉沢亮、最優秀新進男優を受賞 「映画を中心にやっていきたい」

授賞式2018年11月19日

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、最優秀新進男優賞を受賞した吉沢亮ほかが登壇した。  『リバーズ・エッジ』『猫は抱くもの』『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ママレード・ボーイ』などの演技が認められ、受賞となっ … 続きを読む

page top