羽生結弦が“キスクラ”で発した意外な言葉とは? 「キリトルTV」がスポーツ選手の素顔に迫る

2016年2月5日 / 15:48

ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV

 テレビ朝日で7日にオンエアされる、スポーツ&エンターテインメント番組「ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV」の詳細が発表された。羽生結弦選手の知られざる神対応、“投手イチロー”に隠された真実、そして“澤引退”から見えてくる大きな感動…、など盛りだくさんの内容となっている。この番組は、普段見慣れている場面を別の角度から見たり、異なる部分に注目することで、新たな事実の発見を試みるスポーツエンターテイメントショー。司会は、ゴン中山こと中山雅史とザキヤマこと山崎弘也。ゲストの土田晃之が突っ込みを担当し、さらに生駒里奈(乃木坂46)、織田信成、潮田玲子、古田敦也がゲスト出演する。

 今回ピックアアップしたのは、フィギュアの羽生結弦選手と浅田真央選手。競技直後に採点を待つ場所、通称「キス・アンド・クライ」での様子に注目した。昨年のグランプリファイナルで優勝決定直後、涙しながら放った羽生選手の意外な言葉や、浅田選手がフリーの演技終了後にコーチと交わしていた言葉をキリトっていく。羽生選手とブライアン・オーサーコーチとの演技直前の会話などと併せて紹介。そこから見えてきたものは?

 昨季、MLBのマウンドに立ったイチロー選手。時速141kmの球速で奮闘したが、ヒットを打たれて失点。なんとか1イニングを投げ切った。そのイチロー選手、実は日本のオールスター戦でもマウンドに上がっていた。そのときのセ・リーグの打者は後にヤンキースなどで活躍することとなる松井秀喜氏。しかし、当時のセ・リーグの監督を務めた野村克也氏は松井氏に近寄り何やら言葉を。いったい野村氏は松井氏に何をささやいたのか…。読唇術を交え、当時の様子を再現する。

 また、昨年引退を発表した元女子サッカー選手の澤穂希氏もピックアップ。現役最後となった昨年12月27日の皇后杯決勝にフル出場した澤氏は自ら決勝ゴールを決め、ドラマチックに現役最後の試合を締めくくった。そんな澤氏の現役引退までを、読唇術でキリトったピッチ上での澤氏の言葉やさまざまな選手からのコメント、そして試合後の澤氏の神対応などから読み解いていく。

 このほか、MLBで今季は右肩手術からの復帰が期待されているダルビッシュ有投手や北海道日本ハムの大谷翔平選手にも「キリトルTV」が迫る。

 番組はテレビ朝日系で7日、午後8時58分~午後11時10分に放送。

kiritoru_KZ4_2464

 


芸能ニュースNEWS

水卜麻美、最近痩せた理由を告白 「今のうちに“太りしろ”を作っている」

テレビ2020年8月5日

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー、お笑いタレントの加藤浩次ほかが、4日放送のバラエティー番組「ウチのガヤがすみません!SP」(日本テレビ系)に出演。朝の情報番組「スッキリ」(同)のスタッフが、加藤らMC陣の“裏の顔”を告発した。  番組ス … 続きを読む

二宮和也「嵐の“推しメン”は大野さん」 「歌っていないときに休む癖がある」

イベント2020年8月5日

 「ソフトバンクと嵐の5Gプロジェクトに関する発表会」が5日、東京都内で行われ、嵐の大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が出席した。  ソフトバンクは、臨場感あふれる視聴体験を実現する新コンテンツサービス「5G LAB」を発表。その一 … 続きを読む

浜辺美波、理想は「好きな男の子に写真を撮ってもらうシーン」 北村匠海「女子会感に付いていけない」

映画2020年8月5日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公開直前生配信イベントが4日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、ゲストとしてYouTuberのエミリンが出席した。  男女4人の高校生の恋愛模様を描いた本作は、『君の膵臓をたべたい』(17)で … 続きを読む

「私の家政夫ナギサさん」多部未華子の家族愛に感動の声 「不覚にも泣いた。やっぱり家族愛ステキ!」

ドラマ2020年8月5日

 多部未華子が主演するドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第5話が4日に放送された。  本作は、MR(医薬情報担当者)としてバリバリ働く28歳の独身女性・相原メイ(多部)が、おじさん家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ったことから巻き … 続きを読む

高橋真麻、石田純一の濃密宴会報道に一言 「治療してくれた医療従事者を思い出して」

テレビ2020年8月4日

 お笑いタレントのヒロミ、フリーアナウンサーの高橋真麻が4日放送のテレビ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、俳優の石田純一が7月下旬、福岡県に出張で5日間滞在し、ゴルフや連夜の濃密宴会を楽しんでいたと、一部週刊誌が報 … 続きを読む

page top