稲森いずみ、古田新太に「最初は怖かった」  「ほのかな恋愛を演じるのが楽しみ」

2016年1月13日 / 16:33

初共演となる稲森いずみ(左)と古田新太

 舞台「乱鶯(みだれうぐいす)」の制作発表記者会見が13日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、稲森いずみ、大東駿介、清水くるみ、橋本じゅん、高田聖子ほかが登壇した。

 本作は、2000年の「阿修羅城の瞳」に始まった新橋演舞場での“いのうえ歌舞伎”公演第6作。江戸時代を生きる市井の人々の姿を、生活感たっぷりに、深い人間ドラマとして描く。

 元盗賊の頭、鶯の十三郎を演じる古田は、いきなり「(脚本の)倉持(裕)くんがばかなせいでせりふが多い」と不満を爆発させた。

 「言っておきますが、私はせりふ覚えがすごく悪い。また立ち回りもほとんど無いと言っていたのに、オープニングから大立ち回りで…」とボヤいて笑わせつつ、「今回は“旬が過ぎた人間”という非常にありがたい役。そのへんは大丈夫。あとは下ネタも入れていきたい」と意気込みを語った。

 また、7年ぶりに劇団☆新感線の舞台に挑む稲森は「お話を頂いた時は一瞬で新人のような気持ちに戻りました」とコメント。初顔合わせとなる古田の印象については「最初は正直ちょっと怖いのかな…と思ったけど、本当に温かくてすてきな方でした」と語り、劇中で描かれる2人の“ほのかな恋愛”についても「楽しみです」と期待を寄せた。

 一方、本作で“初のちょんまげ姿”に挑戦する大東は「身が引き締まる思い」と喜びつつ、「先ほど、ラフな格好のお二人(古田と橋本)に『その格好、イキってんのか?』『おまえその髪形何や。風も吹いてないので何でなびいてんねん』と言われ…。まずはそこから勉強させていただきたいと思った次第」と早くも“洗礼”を受けたことを明かして、笑いを誘った。

 舞台は3月5日~4月11日、都内の新橋演舞場を皮切りに、大阪、北九州でも上演。

(前列左から)清水くるみ、稲森いずみ、古田新太、大東駿介、(後列左から)粟根まこと、橋本じゅん、高田聖子

(前列左から)清水くるみ、稲森いずみ、古田新太、大東駿介、(後列左から)粟根まこと、橋本じゅん、高田聖子


芸能ニュースNEWS

山田涼介、スカイツリーに上るも「高い所は苦手」 理想のヒーロー像は「僕の中ではお父さん」

映画2022年1月24日

 映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー点灯大作戦イベントが24日、東京スカイツリー天望デッキ フロア350で行われ、出演者の山田涼介、土屋太鳳が出席した。  本作は、倒された怪獣の“死体処理”をめぐる物語。怪獣の“後始末”を命じられた … 続きを読む

「真犯人フラグ」“陽香”生駒里奈の電話の相手は誰? 「8文字の人物は“一星”佐野勇斗か“望月”坂東龍汰か」

ドラマ2022年1月24日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第13話が、23日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目を向けられ、追い詰められていく姿を描く … 続きを読む

「逃亡医F」犯人は脳外科医の“長谷川”桐山照史? 「何か重要な鍵を握っていそう」「犯人だったら震える」

ドラマ2022年1月24日

 成田凌が主演するドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系)の第2話が、22日に放送された。  本作は、恋人殺しのぬれ衣を着せられ、指名手配犯へと転落した天才脳外科医の藤木圭介(成田)が、真犯人を突き止め、復讐(ふくしゅう)するために逃亡を図る物語 … 続きを読む

「DCU」“新名”阿部寛&“瀬野”横浜流星らDCUが真犯人を暴く ラストは「ショッキングな展開」

ドラマ2022年1月24日

 阿部寛が主演する日曜劇場「DCU」(TBS系)の第2話が、23日に放送された。  本作は、海上保安庁に新設されたスペシャリスト集団「DCU(Deep Crime Unit)」が、水にまつわる事件や事故の解明に挑むウォーターミステリー。(※ … 続きを読む

「婚活探偵」“黒崎”向井理の猫カフェデートに反響 「向井さんと猫ちゃん、癒やし効果絶大です」

ドラマ2022年1月23日

 向井理が主演する土曜ドラマ9「婚活探偵」(BSテレ東)の第3話が、22日に放送された。  本作は、ハードボイルドを気取っているが、実は女性とまともに付き合ったことがない草食系の探偵・黒崎竜司(向井)が、探偵事務所に舞い込んでくる謎や事件を … 続きを読む

amazon

page top