玉森裕太、西内まりやの“恒例”ムチャぶりで マラソンのゴールシーンを披露!

2015年12月3日 / 21:26

ムチャぶりが得意な西内まりや

 映画「レインツリーの国」大ヒット舞台あいさつが3日、都内で行われ、出演者の玉森裕太(Kis-My-Ft2)、西内まりやが出席した。「今日の衣装のテーマはクリスマス」と玉森が語ったとおり、玉森は真っ赤なロングコート、西内は真っ白のひざ上ワンピースにファーベストを合わせた華やかなファッションで登場。

 冒頭のあいさつで、玉森は上映後のイベントにも関わらず「もう映画を見てくださった方もいると思いますが…」と上映前と勘違いしたコメント。会場から笑いが起こると「もう皆さん見たんですよね!」と目を手で覆い、照れ笑いを浮かべていた。今年を振り返り「グループ7人での活動もたくさんできたし、初主演のこの映画では緊張もありましたけど、とても濃い1年でした」と言い、やり残したことに「フルマラソン」と回答した玉森。

 すると、それを聞いた西内がさっそく「じゃあここで予行練習してみませんか?」と、この作品の舞台あいさつでは恒例ともいえるムチャぶり。これまで関西弁でセリフをなど突然のリクエストに応えてきた玉森は「やだ!やだよ!」と言いながらも会場の拍手にも後押しされてコートを脱ぎ、舞台上を駆け抜けてゴールシーンを披露した。「全然よく分からない!なんですかコレ?」と苦笑いを浮かべつつも無事“完走”した玉森。マラソン挑戦の意思は固いようで「機会があればすぐ走りにいきます!」と自信を見せた。

 西内は「いろいろと変化のあった1年。この映画で髪をショートにしたのもそうですし、演技や歌のお仕事もたくさんさせていただき、とても濃い年でした。濃すぎて1年が3年分くらいに感じた」と充実した笑顔で今年を振り返っていた。

 また、クリスマスの予定を問われると玉森は「仕事ですね。メンバー7人で過ごします」とコメント。クリスマスは仕事のことが多いそうで「7人でのクリスマスが恒例。プレゼント交換とかしたことないけど、今年はやってみるのもアリかな?」と明かし、「プレゼントは…、北山(宏光)さんにはもう少し身長が伸びる健康器具、千賀(健永)さんは美容グッズ、宮田(俊哉)さんはアニメグッズ、(横尾)渉さんは調理器具、(今年ベストジーニストを受賞した)藤ヶ谷(太輔)さんはデニム…? オレがあげてもなぁ、じゃあ洋服。二階堂(高嗣)さんは…も、洋服で」とノリノリだった。

 


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top