生田斗真、後輩・山田涼介に“先輩風” 吉岡秀隆にはファンだったことを告白

2015年9月29日 / 21:32

主演の生田斗真から「好きだった」と告白された吉岡秀隆

 映画『グラスホッパー』の完成披露試写会が29日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、菜々緒、村上淳、吉岡秀隆、瀧本智行監督が登壇した。

 本作は、伊坂幸太郎氏の人気小説を映画化。殺された恋人の復讐(ふくしゅう)のため、裏組織に潜入した元教師・鈴木(生田)を主人公に、心に闇を抱えた3人の男たちが、ハロウィーンの夜、渋谷スクランブル交差点で起きた事件をきっかけに運命を交錯させていく様子を描く。

 瀧本監督の『脳男』で“最強の男”を演じた生田は「(脳男の)撮影後に監督から『次は真逆の生田を撮りたい』と言われて…。すごくうれしかったけどまさかこんなに早く実現するとは」と語った。

 今回は、これまで演じてきた中でも“最弱のキャラクター”とも言える役どころだったが「走り方とか、眼鏡の持ち上げ方とか、細かいところまでこだわった。高校の同級生にいつも眼鏡が曇ってるやつがいて、さえなくて、(役のモデルに)いいなと思って…。小道具の眼鏡に朝から指紋を付けるというのをやってました」と役作りを振り返った。

 一方、驚異的な身体能力を持つ孤独な若き殺し屋・蝉を演じた山田は「今回は斗真くんという大先輩と一緒の映画だったけど、あまり撮影が一緒じゃなくて、ちょっとホッとしました」と率直な心境を吐露した。

 撮影前には生田からのメールが来たと言い「『この映画はおまえに懸かっている』と大きなプレッシャーを頂きました」と苦笑いをしながら明かした。

 爆笑の渦に包まれた会場で「ちょっと先輩という名の風を吹かせました」と照れ笑いを浮かべた生田は、村上から「そうやって(後輩の)芽を詰むんだね」とちゃかされると「一緒に頑張ろうという意味ですよ! 重要な役どころだし…」と必死に弁解。山田は生田のメールに「『が、が、が、頑張ります…』みたいな感じで返した」と明かした。

 また“押し屋”と呼ばれる謎の殺し屋・槿(アサガオ)役の吉岡との共演シーンを振り返った生田は「実は、吉岡さんのことが子供のころからすごく好きで…」と恥ずかしそうに告白。

 監督から「『北の国から』の大ファンなんだよね」と暴露されると、生田は吹っ切れたように「吉岡さんが『いや、昔、(田中)邦(衛)さんがさ~』とか話をするので、『邦さんって呼ぶんだ!!』って勝手に興奮していました。今まで(北の国からの話題は)言われまくっているから、失礼かなと思って現場では控えていたけど、とうとう言ってしまいました」と語り、笑いを誘った。

 映画は11月7日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

横浜流星&飯豊まりえ、四千頭身の後藤を絶賛 「突っ込みが最高」

トレンド2020年1月16日

 中古車情報メディア「カーセンサー」新CM発表会が16日、東京都内で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実が出席した。 続きを読む

page top