真野恵里菜、男子の下ネタにも寛容に 「心に余裕が持てるようになった」

2015年8月3日 / 20:22

 (前列左から)神楽坂恵、池田エライザ、染谷将太、真野恵里菜、高橋メアリージュン、(後列左から)園子温監督、深水元基、マキタスポーツ、柾木玲弥

 『映画 みんな!エスパーだよ!』の舞台あいさつ付き完成披露試写会が3日、東京都内で行われ、出演者の染谷将太、池田エライザ、真野恵里菜、マキタスポーツ、園子温監督ほかが出席した。

 本作は、若杉公徳氏の人気漫画を原作に、園監督と主演の染谷のタッグで2013年4月にテレビ東京で放送された連続ドラマを映画化。愛知県東三河を舞台に、突如として超能力に目覚めた平凡な高校生・鴨川嘉郎(染谷)と、彼を取り巻くエスパーたちとの戦いと友情をスケールアップして描く。

 映画版で頑張ったことを問われた染谷は、スクリーンに大きく映し出された自身が走るシーンを挙げ、「アーケードの始まりから駅に着くまで走り切りました。車と並走して走ったのですが、最初は7~8キロだった車が最後には20キロオーバーぐらいのスピードで。園監督と作品をやるといつも走らされます」と振り返った。

 池田は「際どいシーンを体当たりで頑張りました。際どいかどうかは皆さんの判断になるのですが、人によってはアウトだと思うかも」と明かし、染谷に飛び蹴りを食らわせるシーンを挙げた。蹴られた瞬間の写真が映されると染谷は「俺の顔が梅干しみたいになっている」と苦笑し、池田は「大丈夫だよと言ってくれたので心置きなく蹴らせていただきました」と語った。

 テレビシリーズから出演する真野は「『エスパー~』では注目の一つ、パンチラですかね」と切り出し、「連ドラの時は男子諸君が下ネタで盛り上がっている意味が分からなかったのですが、映画までやって心に余裕が持てるようになったというか。それが健全なんだなと思えるようになりました。そう思わないとできないんですよ」と諦めたように語り、会場の笑いを誘った。

 映画は9月4日からTOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

amazon

page top