向井理、週刊誌記者役で松本清張作品に初挑戦 盛岡競馬場での大規模ロケも

2014年4月23日 / 19:11

週刊誌記者を演じる比嘉愛未(左)と向井理

 フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張ドラマスペシャル「死の発送」で、俳優の向井理が週刊誌記者役で主演を務めることが23日、分かった。

 本ドラマは、作家・松本清張氏が1961年に発表した同名小説の初映像化。岩手県水沢のとある林の中で、トランクに詰められ東京から岩手まで発送された男性の絞殺死体が見つかった事件の裏に隠された驚がくの真相を描く。

松本清張作品初挑戦となる向井が演じるのは、出版社で働く週刊誌記者・底井武八。執念深く殺人犯を追い詰めていく役どころを「推理物は初めてで、原作を現代風にアレンジしていることもあって状況などを説明するセリフが多くて大変でした」と苦労を明かした。 

また、初共演の寺尾聰については「本番以外ではお芝居のことや今までのご経験などをたくさん話してくださり、とても影響を受けました」と語った。

底井の同僚・津村亜紀を演じる比嘉愛未は「向井さんとドラマでお芝居することは初めてですし、寺尾さんもなかなかご一緒できないので毎日刺激を受けました」と振り返った。   

2人の上司である週刊誌の編集長・山崎治郎役の寺尾は、上司という役柄同様に「自分が先輩たちから教えてもらってきたことを前途有望な若い役者たちに伝えられることを幸せに思います」と語っている。

そのほか、物語のキーとなる“競争馬”の厩舎主で調教師・西田隆三を寺島進、その馬主で代議士・立山寅平を大杉漣が演じる。なお、競馬シーンは劇中で重要な意味を持っており、盛岡競馬場での大規模ロケで撮影された壮大なスケールの映像も見どころとなっている。

 ドラマは5月30日午後9時からオンエア。


芸能ニュースNEWS

「やまとなでしこ」びしょぬれキスやカメレオンの名場面 「20年たってもドキドキ」

ドラマ2020年7月7日

 松嶋菜々子が主演した、2000年放送のドラマ「やまとなでしこ」(フジテレビ系)の特別編「やまとなでしこ20周年特別編」第1夜「ずっと探してた人」が6日に放送された。  本作は、虎視眈々(たんたん)と玉のこしを狙う、キャビンアテンダントの神 … 続きを読む

浜辺美波、北村匠海との“初キス”で緊張 「北村さんは、慣れていらっしゃる」

映画2020年7月7日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』リモート七夕祭りイベントが6日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二と三木孝浩監督が登壇した。  本作は、『君の膵臓をたべたい』(17)で、大ブレークした浜辺と北村の“ゴールデ … 続きを読む

田中みな実「毎日メロンを1玉食べています」 ブレーク報道は「たたき落とすためのフリ」

テレビ2020年7月6日

 フリーアナウンサーの田中みな実、ミルクボーイの内海崇と駒場孝ほかが、5日放送の情報番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演した。  ドラマ「M 愛すべき人がいて」で癖の強い役を演じ、話題となっている田中。番組では、次のドラマ出演をめぐ … 続きを読む

昨年結婚のぺこぱ松陰寺「不倫はしない」 東野幸治「Wさんもそんなん言ってたわ」

テレビ2020年7月6日

 お笑いコンビ・ぺこぱの松陰寺太勇、東野幸治、後藤輝基、弁護士の北村晴男氏が5日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演した。  番組では、芸能人が恐妻家エピソードを披露する「気の毒な夫ナンバーワン決定戦」を開催した。  昨年 … 続きを読む

「M 愛すべき人がいて」最終回 「やっぱりあゆの曲は神」の声

ドラマ2020年7月5日

 安斉かれんと三浦翔平がW主演する土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の第7話が4日に放送された。  本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生に秘められた出会いと別れを描く物語。最終回となる第7話では、スターへの階段を駆け上がるア … 続きを読む

page top