北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

2019年5月21日 / 17:02

 おおたわ史絵氏(左)と北斗晶

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。

 本作は、薬物依存症の治療施設から逃げ出してきた19歳の息子ベン(ルーカス・ヘッジズ)と、ベンを守ろうと奮闘する母親ホリー(ジュリア・ロバーツ)の姿を描いたヒューマンドラマ。

 自身はジュリアと同じ年で、「20歳と16歳の息子がいる」という北斗は、映画を見た後に「もし自分の子どもがそうなってしまったとき、自分もホリーのように(子どもに)寄り添って戦えるんだろうか…と考えてしまった」とコメントした。

 「『母親だから分かるでしょ』『つらさは理解できるでしょ』とかよく言うけど、この立場にならないと分からないこともある。答えがない」とし、「多感な年頃の子には誘惑も多い。それにストップを掛けられる子に育てるにはどうしたらいいのか…などといろいろ考えさせられました」と複雑な思いを口にした。

 一方、おおたわ氏は、母親をオピオイド(麻薬性鎮痛薬)依存で亡くした。母親は「虫垂炎をこじらして腹膜炎になり、その痛みに対して鎮痛薬を使い始めた」という。

 おおたわ氏は「母親に振り回されて育ったので、母親を恨んで『死んでくれたらいいのに』ぐらいに思っていた」という。

 しかし「実際に息が止まって心臓が止まった母を見つけたときは、思わず心臓マッサージをしていた」という。

 おおたわ氏は「家族って最終的にそういうもの。好きだとか嫌いだとかではなくて。最後の最後に救おうとするのが血なのかな」と語り、映画を通して「他人事じゃない。自分に照らし合わせて考えてほしい」とメッセージを送った。

 映画は5月24日、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

トレンド2019年10月11日

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。 続きを読む

小芝風花、大地震を伝えるアナウンサー役 「私に務まるのかという恐怖もありました」

ドラマ2019年10月11日

 ドラマ「パラレル東京」スタジオ取材会が10日、東京都内で行われ、出演者の小芝風花、高橋克典、伊藤淳史が出席した。  本作は、首都直下型地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュースチームの戦いを、4日間にわたり、リアルタイムで描く。東京 … 続きを読む

伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔

映画2019年10月11日

 映画『悪の華』の御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、玉城ティナと井口昇監督が登壇した。  本作は、押見修造氏による同名人気コミックが原作で、中学生たちが行き場のない衝動を爆発させていく人間ドラマ。  この日の観 … 続きを読む

超特急が『フッド:ザ・ビギニング』をアピール リョウガ「今までのアクション映画を超越」

映画2019年10月11日

 映画『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、宣伝隊長を務めるダンス&ボーカルグループ超特急のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが舞台あいさつに登壇した。  本作は、弓の名手として知られるロビン・フッドを、領主と … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top