北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

2019年5月21日 / 17:02

 おおたわ史絵氏(左)と北斗晶

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。

 本作は、薬物依存症の治療施設から逃げ出してきた19歳の息子ベン(ルーカス・ヘッジズ)と、ベンを守ろうと奮闘する母親ホリー(ジュリア・ロバーツ)の姿を描いたヒューマンドラマ。

 自身はジュリアと同じ年で、「20歳と16歳の息子がいる」という北斗は、映画を見た後に「もし自分の子どもがそうなってしまったとき、自分もホリーのように(子どもに)寄り添って戦えるんだろうか…と考えてしまった」とコメントした。

 「『母親だから分かるでしょ』『つらさは理解できるでしょ』とかよく言うけど、この立場にならないと分からないこともある。答えがない」とし、「多感な年頃の子には誘惑も多い。それにストップを掛けられる子に育てるにはどうしたらいいのか…などといろいろ考えさせられました」と複雑な思いを口にした。

 一方、おおたわ氏は、母親をオピオイド(麻薬性鎮痛薬)依存で亡くした。母親は「虫垂炎をこじらして腹膜炎になり、その痛みに対して鎮痛薬を使い始めた」という。

 おおたわ氏は「母親に振り回されて育ったので、母親を恨んで『死んでくれたらいいのに』ぐらいに思っていた」という。

 しかし「実際に息が止まって心臓が止まった母を見つけたときは、思わず心臓マッサージをしていた」という。

 おおたわ氏は「家族って最終的にそういうもの。好きだとか嫌いだとかではなくて。最後の最後に救おうとするのが血なのかな」と語り、映画を通して「他人事じゃない。自分に照らし合わせて考えてほしい」とメッセージを送った。

 映画は5月24日、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top