生駒里奈、万年筆初体験「気持ちが豊かに」 今年の自分を表す一文字は「動」

2018年11月8日 / 15:33

 特別ゲストとして登場した生駒里奈

 万年筆が最も似合う著名人に贈られる「第15回 万年筆ベストコーディネイト賞」表彰式が8日、東京都内で行われ、特別ゲストとして元乃木坂46で女優の生駒里奈が登場。受賞者としてフリーアナウンサーの内田恭子と中井美穂、競泳女子日本代表の大橋悠依選手も出席した。

 この日、若い世代に万年筆の魅力を伝える“若年世代代表”として呼ばれた生駒は、「万年筆というと少しお高いイメージや、社長さんなど偉い人が使うイメージがあったので私は使ったことがないですね」と率直にコメント。

 さっそく会場に用意された万年筆を手に取ると、「初めての体験。(書き味は)思った以上に軽い。私の字ってちょっと雑なところがあるのですが、それも万年筆のおかげでポップな感じに仕上がりました」と声を弾ませた。 

 そんな生駒は、若い世代に向けて「手書きの文字を写真に撮って相手に送る」という万年筆の新しい楽しみ方も提案。ここでは「使った万年筆と自分の手も文字に添える」のがポイントだそうで、「こういう気持ちで書いたんだよ、という温かさがプラスされるんじゃないかな」とアピールし、「万年筆って奥が深い。書くだけで気持ちがこんなに豊かにあふれてくるなんて」とすっかり魅了された様子だった。

 今年の自分を表す一文字として「動」を選んだ生駒は、「所属していたグループを卒業して色々と一人で動き始めたので、この言葉がぴったりかなと思いました」と説明。「いろいろなチャンスを頂いて充実した日々を送らせてもらっている」といい「寂しさはないです。みんなに会えなくなるわけではないし、それぞれに活躍し新たに巣立っていくメンバーもいるので、またみんなと一緒に再スタートする感じです」と語っていた。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top