野村沙知代さん、お別れの会に1000人 夫・克也氏「『ありがとう』しかない」

2018年1月25日 / 17:26

 お別れの会終了後、囲み取材に応じた野村克也氏

 プロ野球南海(現ソフトバンク)、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也氏の妻で、昨年12月8日に虚血性心不全のため急死したタレントの沙知代さんの「お別れの会」が25日、東京都内で営まれ、著名人と関係者ら約1000人が参列した。

 「サッチー」の愛称で親しまれた沙知代さん。祭壇には故人が大好きだったアジサイ、バラ、カーネーションをメインに計9500本の花が配され、故人の洋服10点と思い出の写真が10点飾られた。

 多数の参列者を前に、喪主を務めた克也氏は、「去年ぐらいに、冗談半分、本気半分で『俺より先に逝くなよ』と言っていたのですが、先に逝ってしまいました。皆さんには、大変お世話になった。幸せな人生だったと思います」と気丈に語った。

 タレントの萩本欽一は、沙知代さんに向け「監督のボヤきをずっと聞いてくれていたんですね。監督のことを心配されていると思いますが、これからはそのボヤきを私たちが聞きましょう」と言葉をかけた。

 最期の日の様子について克也氏は、「隣の部屋でテレビを見ていたら、お手伝いさんが、『奥さんの様子がおかしい』と。そばに行ったら、食堂のテーブルに頭を付けて動かない。背中をたたいて『おい、大丈夫か?』と聞くと、『大丈夫よ!』と強気の一言が返ってきた。最後まで強気な姿勢を崩しませんでした」と振り返った。

 会の終了後に、息子の克則氏とともに報道陣の取材に応じた克也氏。「“サッチーさん”が、こんなに人気があるとは。こんなに大勢の人に来ていただいて、感謝感謝です」としみじみ。今、沙知代さんに掛けたい言葉を聞かれると、「それは一言、『ありがとう』しかない」ときっぱり。改めて「歯に衣着せない性格。誤解を招く性格ですが、奥さんとしてすごく頼りになる。どんな危険なことに直面しても、マイナス思考は絶対にない。『大丈夫よ』と」と思い出を語った。


芸能ニュースNEWS

橋本良亮「僕は、どっちかというとドS」 「褒められて伸びるタイプなんです」

舞台・ミュージカル2021年7月27日

 朗読劇「ピース」-peace or piece?-公開舞台稽古&東京開幕直前取材が27日、東京都内で行われ、出演者の橋本良亮(A.B.C-Z)、篠井英介ほかが登壇した。  本作は、全体主義的政治が市民を支配する近未来を舞台に、衛生的=正義 … 続きを読む

ドウェイン・ジョンソン「本当に夢がかなった気分」 『ジャングル・クルーズ』ワールドプレミアが開催

映画2021年7月26日

 ディズニーランドの人気アトラクションから誕生した実写映画最新作『ジャングル・クルーズ』のワールドプレミアが、現地時間7月24日(日本時間25日)に開催された。  会場となったのは、米カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランド・パーク … 続きを読む

「ボクの殺意が恋をした」第4話 中川大志“柊”と新木優子“美月”のきれい過ぎるキスに反響

ドラマ2021年7月26日

 中川大志が主演するドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)の第4話が、 25日に放送された。  本作は、“最高に間が悪い殺し屋”の男虎柊(おのとら・しゅう=中川)が、暗殺ターゲットの人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)に恋をしてしまうと … 続きを読む

「TOKYO MER」仲里依紗が執刀 「最後の賀来賢人の“グータッチ”が最高過ぎる」

ドラマ2021年7月26日

 鈴木亮平が主演するドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の第4話が、25日に放送された。  本作は、人命を救うため、重大事故・災害・事件の危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”の奮闘を … 続きを読む

「女の戦争」暴漢に立ち向かう古川雄大に「さすが王子」 犯人予想も加速「麗奈が怪しくなってきたけど…」

ドラマ2021年7月25日

 古川雄大が主演するドラマ「女の戦争~バチェラー殺人事件~」(テレビ東京系)の第4話が、24日に放送された。  本作は、御曹司バチェラー・鳴戸哲也(古川)を巡って繰り広げられた女性たちのバトルと、その末にたどり着いたバチェラーの死を描いた愛 … 続きを読む

amazon

page top