加山雄三「“若大将”が大賞を取った」 80歳超えでも活躍し続ける理由を自己分析

2017年6月12日 / 17:13

 「君といつまでも」を披露した加山雄三

 第8回「岩谷時子賞」授賞式が12日、東京都内で行われ、大賞を受賞した俳優、歌手の加山雄三が出席した。

 本賞は、故・岩谷時子氏が日本の音楽や芸術の発展、復興に寄与することを目的として2009年に設立した、音楽文化振興財団が10年に制定したもの。

 第1回で特別賞を受賞している加山は「“若大将”が大賞を取ったというのが非常にうれしい」とユーモアたっぷりにコメント。

 岩谷氏とのコンビで149曲を世に送り出したが「岩谷さんに出会ったことが私の人生を決めたと言って間違いない。80まで生きていて良かったなとつくづく思います」と感謝の思いを口にした。

 会場では、岩谷氏が作詞した代表曲「君といつまでも」を生披露。岩谷氏については「非常に謙虚でしとやかな方だった。詩ができるのがすごく速くて、(依頼した)次の日に詩ができてきたこともあった。仕事がものすごく早い。それなのに想像を絶するような、すごく良いものが出て来るんです」とエピソードも披露した。

 80歳を超えてもなお、ミュージシャンとして活躍する秘訣(ひけつ)については「自分でもよく分からない」と苦笑い。食べ物にうるさかった母親が52歳の時にがんで亡くなって以来「寿命は分からない。好きなことをやっていけばいい」と考えたが、「60を超えたぐらいから体に気をつけるようになった」と振り返った。

 また「人前に出て仕事をさせてもらっているのが非常にいいみたい」とも。定年退職した同級生と話が合わなくなるのを最近感じているという。

 「こうして緊張してしゃべっていると、多少は(老化のスピードも)違うんじゃないかな」と自己分析し、今後についても「ヒット曲を作りたい。歌い継いでもらえるようないい曲ができたら」と意欲的に語った。

 この日は、加山のほか、特別賞を女優の斉藤由貴、奨励賞を俳優の瀧山久志、ピアニストの野田あすか、乃木坂46の生田絵梨花が受賞した。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波「夏は『咲-Saki-』に捧げている」 共演者は「浜辺さんが美しくて、美しくて」

映画2018年1月20日

 映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の桜田ひより、浜辺美波、伊藤萌々香、恒松祐里ほかが登壇した。  本作は、少女たちのマージャンに懸ける情熱を描いた『咲-S … 続きを読む

斎藤工、アルバイトで経験した“悲劇”を語る 今年の抱負は「領収書の月ごとのファイル分け」

映画2018年1月20日

 映画『パディントン2』の公開記念舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、吹き替え版のボイスキャストを務めた松坂桃李、古田新太、斎藤工、三戸なつめが登壇した。   本作は、ペルーから英ロンドンにやって来た“紳士過ぎる”クマのパディントンとブ … 続きを読む

高橋一生、宣伝スタッフの名前を連呼 長澤まさみ、長風呂で汗を拭かずに我慢

映画2018年1月20日

 映画『嘘を愛する女』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、 出演者の長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、中江和仁監督登壇した。  本作は、5年間一緒に暮らしていた恋人の全てが偽りだったことが分かったキャリアウー … 続きを読む

「新人内さまライブ」でペンギンズが優勝! 「三村さんの一言が自信に」

トレンド2018年1月20日

 内村光良とさまぁ~ず(三村マサカズ、大竹一樹)が司会を務めるネタバトル大会「新人内さまライブ チャンピオン大会2017」が19日、東京都内で行われ、お笑いコンビのペンギンズ(アニキ、ノブオ)が王者となった。 続きを読む

小室哲哉、相手女性との男女の関係は否定 「精神的なものの支えになっていた」

ニュース2018年1月19日

 18日発売の週刊誌で看護師との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、東京都内で会見を行った。  黒いスーツ姿で登場した小室は「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と音楽活動からの引退を発表。報じられた看 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top