「大ゴジラ特撮王国」オープニングに宝田明が出席 『シン・ゴジラ』の大ヒットを祝福

2016年8月17日 / 15:50

 会場入り口でポーズを取る(左から)手塚昌明監督、ゴジラ、宝田明

 「大ゴジラ特撮王国 YOKOHAMA」のオープニングセレモニーが17日、神奈川県横浜市で行われ、宝田明、手塚昌明監督ほかが出席。ゴジラの着ぐるみも登場し、一緒にテープカットを行った。

 本展は映画『シン・ゴジラ』の公開を記念し、2014年にゴジラ生誕60周年を記念して開催された「大ゴジラ特撮展」を大幅にリニューアルしたテーマパーク。横浜が舞台となった『ゴジラVSモスラ』のバトルシーンや名場面を再現したジオラマセットをはじめ、記念撮影ブースや『シン・ゴジラ』特設ブースなど、ゴジラ映画の世界観を堪能できる内容になっている。

 セレモニーでは『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』などでメガホンを取った手塚監督と、第1作目をはじめ『ゴジラ』シリーズ計6作品に出演している宝田があいさつに立った。

 手塚監督は「『シン・ゴジラ』がこんなにヒットするとは誰が予想したでしょうというぐらいの大ヒットで、鳥肌が立つような感激です。『シン・ゴジラ』を見た後に、何度でもゴジラの世界観を実感していただくような、とても楽しいイベントに構成できたつもりです」とコメントした。

 手塚監督は会場入り口で上映されるウェルカム映像も手掛けており、「ナビゲーターにゴジラレジェンドの宝田明さんをお招きして、演出も私がやらせていただき、とてもうれしかったです」と顔をほころばせた。

 続いてあいさつを行った宝田は「28作品の中で6本ですから、野球に例えれば4割強の打率でイチローよりもはるかに打率がいいと誇りに思っています」と冗談交じりにコメント。

 その後は『シン・ゴジラ』大ヒットの喜びを語り、「東宝の上層部に『お家元であります東宝がゴジラの映画を作るべきではないか、アメリカに先を越されては駄目ですよ』と申し上げてきたんですけれど、やっと『シン・ゴジラ』が目の前に現れたわけです。私はまだ拝見しておりませんけれども、素晴らしい作品だとお聞きして、さすがお家元の作品だなと思っています」と語った。


芸能ニュースNEWS

「ラジエーションハウスⅡ」山口紗弥加“たまき”の生き方に反響 「山口紗弥加が髪を上げながら歩く姿にときめいた」

ドラマ2021年10月26日

 窪田正孝が主演する「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)第4話が、26日に放送された。  本作は、2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の続編。天才 … 続きを読む

「アバランチ」“牧原”千葉雄大の過去が明らかに 「千葉くんの泣きの演技がリアル」

ドラマ2021年10月26日

 綾野剛が主演するドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、25日に放送された。  本作は、主人公・羽生誠一(綾野)が所属する謎に包まれたアウトロー集団・アバランチの活躍を描き、人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エン … 続きを読む

安田顕「自分でもようやく気付いた」 「瞬間に面白いことが出てくる人間じゃない」

映画2021年10月26日

 映画『私はいったい、何と闘っているのか』完成披露上映会が25日、東京都内で行われ、出演者の安田顕、ファーストサマーウイカ、金子大地、伊集院光と李闘士男監督が登壇した。  本作は、芸人・つぶやきシローの同名小説を実写映画化。地元に愛されるス … 続きを読む

「真犯人フラグ」“一星”佐野勇斗の正体に疑問の声 「一星の説明が全部本当なのかは怪しい…」

ドラマ2021年10月26日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第3話が、24日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目=真犯人フラグを立てられ、追い詰められて … 続きを読む

新垣結衣「メルティーキッス」新CMに初の“共演者” 自身の特別な時間は「陽が沈む頃のマジックアワー」

CM2021年10月26日

 女優の新垣結衣が出演する明治「メルティーキッス」の新TVCM「今年も雪のようなくちどけを。」篇が、26日から全国で順次放送される。  今年の新CMには、かわいらしいメルティベアが初登場。新垣にとっては、メルティーキッス初の“共演者”となっ … 続きを読む

amazon

page top