哀川翔、カブトムシ飼育、最初は失敗 「“第二のカブトムシ人生”は14年前から」

2015年7月17日 / 15:45

 (左から)動物学博士・動物学者の吉村卓三氏、哀川翔、赤江珠緒

 国際土壌年2015記念「大昆虫展 in 東京スカイツリータウン」プレス発表会が17日、東京都内で行われ、本展のアンバサダーに就任した哀川翔、応援大使に任命されたフリーアナウンサーの赤江珠緒ほかが登壇した。

 世界最大級の88ミリのカブトムシを育て、現在ギネス申請を検討中の哀川は、「カブトムシを飼い始めて14年。めでたく今年はギネス級ということで、飼っていればいつの間にかそういうところにたどり着くのかなと…」とコメント。

 「(記録は)狙うものではない、愛情を持って育てることだなと感じた。自分のことじゃないのにものすごくうれしい。そういう感動を味わったのも初めて」と満面の笑みを見せた。

 また「5歳でカブトムシにハマった」という哀川は「小学生になって虫を捕まえることを覚えたころ、冬に幼虫を発見した。これがカブトムシになるんだと、その夢だけを抱いて育てていたら、2月ぐらいに全部死んだんです。何で死んだんだろうって分からないまま大人になって…」と最初は飼育に失敗したことを明かした。

 ところが「14年前、鹿児島の空港の近くの温泉地で幼虫を50匹発見しまして、急に昔の思いがよみがえって持ち帰ったら、明けた夏に全部成虫になった。そこから“第二のカブトムシ”が始まったんです」と説明した。

 「そして今年、たまたま同じケージ内でかえった60匹ぐらいがみんなデカくて、今年のはデカイな、ちょっと待てよ、これはでか過ぎるとなって測ったら、デカかったというわけです」と“ギネス級”の発見当時を振り返った。

 “昆虫から人は何を学ぶか”をテーマとした「大昆虫展」は東京スカイツリータウンで18日から8月25日まで開催。


芸能ニュースNEWS

篠田麻里子「ベストマザー賞」受賞で笑顔 前田敦子と連絡を取り合う

授賞式2021年5月6日

 「第13回 ベストマザー賞2021」授賞式が6日、東京都内で行われ、芸能部門で受賞したタレントの篠田麻里子が出席した。  昨年、第1子となる女児を出産した篠田は「こんなにすてきな賞を頂けるとは思ってもみなかったので、一番びっくりしておりま … 続きを読む

「恋はDeepに」綾野剛が石原さとみに“不意打ちキス” 「キス後に爆裂にテンパるところが推せる」

ドラマ2021年5月6日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第4話が、5日に放送された。  本作は、海を愛する海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  海音の話を聞き … 続きを読む

「着飾る恋」横浜流星の“手つなぎ告白”に反響 「ナチュラルな告白がどストライク」

ドラマ2021年5月5日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第3話が、4日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ているヒロイン・真柴くるみ(川口)が、価値観の違う人々と一つ屋根の下で暮らし、恋や友情を深める中で自分ら … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」“かごめ”市川実日子に共感の声 “とわ子”松たか子との「関係性がすてき」

ドラマ2021年5月5日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、4日に放送された。  とわ子(松)の30年来の親友・かごめ(市川実日子)が、とわ子と同じマンションに住むオーケストラ指揮者の五条(浜田信也)から食事 … 続きを読む

「イチケイのカラス」バレリーナ役の生田絵梨花に賞賛の声 “石倉”新田真剣佑の「職務を全うする姿が格好いい」

ドラマ2021年5月4日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第5話が、3日に放送された。  入間(竹野内)の下に、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。被告人はバレエ団の代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。被害者はバレエ団の元トレ … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top