古谷徹、35周年ガンダムの魅力を語る 「人類が永遠に抱えるテーマ」

2015年7月17日 / 15:22

 ガンプラの前で記念撮影に応じた古谷徹

 「機動戦士ガンダム展THE ART OF GUNDAM」のプレス内覧会が17日、東京都内で行われ、アムロ・レイの声を務める古谷徹ほかがギャラリートークに出席した。

 ガンダム35周年を記念して開催される本展は、シリーズ第1作「機動戦士ガンダム」を中心に、ガンダムの魅力を解き明かすというもの。最新ダイジェスト映像を上映するプロジェクションマッピング、昨年の大阪展での「ガンプラ大作戦」で来場者が制作したガンプラ1000体が展示されるほか、制作資料が一挙1000点公開される。

 シリーズ第1作「機動戦士ガンダム」でオーディションを受けてアムロを演じた古谷は、当時初めて声を吹きこむ際には「それまで『巨人の星』の星飛雄馬など熱血の主人公を演じていたので、アムロが“戦いたくない主人公”と聞いてどうすればいいのかと思った。アニメっぽくない、リアルな主人公を目指しました」と振り返った。

 ガンダムの魅力、人気の秘訣(ひけつ)をあらためて問われた古谷は「何と言っても近未来の人類の、本来犯してはいけない戦争を描くストーリーが社会の縮図のようになっています。昨今の現実の日本でも緊張が高まっていますし、人類が永遠に抱えるテーマを描いていることが一番」とし、「さらにモビルスーツの魅力、個性的な登場人物には必ず自分を投影できるキャラクターがいると思う」と分析した。

 機動戦士ガンダム展は都内、六本木の森アーツセンターギャラリーで18日~9月27日に開催。


芸能ニュースNEWS

A.B.C-Z戸塚祥太「通販で木刀を買いました」 冨岡健翔「ジャニーズJr.22歳定年制」に言及

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 舞台「未来記の番人」制作発表記者会見が22日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、松田悟志、冨岡健翔(ジャニーズJr.)が登場した。  本作は、聖徳太子が残した“予言の書”を巡る戦いの中で、千里眼の異能を持つ主人公・千里 … 続きを読む

岡田将生、志尊淳に熱い思いをぶつける 「これがなかったら抱きしめている」

映画2021年1月22日

 映画『さんかく窓の外側は夜』公開前夜祭イベントが21日、東京都内で行われ、出演者の岡田将生、志尊淳、平手友梨奈と森ガキ侑大監督が登壇した。  本作は、霊がはらえる男(岡田)と霊が見える男(志尊)が、除霊という特殊能力を使い、怪奇事件に挑む … 続きを読む

「にじいろカルテ」高畑充希の涙に「もらい泣きした」 「ハートフルで力をもらえるドラマ」

ドラマ2021年1月22日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の初回拡大スペシャルが、21日に放送された。  本作は、山奥の診療所を舞台に、全然スーパードクターじゃないポンコツ医師や看護師の姿を描く、笑って泣けるチーム医療ドラマ。  ポンコツ … 続きを読む

「知ってるワイフ」大倉忠義&広瀬アリス ラブラブシーンは「永遠に見ていられる」

ドラマ2021年1月22日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第3話が、21日に放送された。  剣崎元春(大倉)は、バイクとぶつかりそうになった建石澪(広瀬アリス)の名前を呼んで、思わず抱きとめた。澪は元春に名前を呼ばれたことで、どこか懐かしい … 続きを読む

長澤まさみと仲野太賀が役所広司にインタビュー 『すばらしき世界』プレミアイベント

映画2021年1月22日

 映画『すばらしき世界』プレミアイベントが21日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、仲野太賀、長澤まさみと西川美和監督が登壇した。  本作は、直木賞作家・佐木隆三のノンフィクション小説『身分帳』を原案に映画化。  下町の片隅で暮らす、短気 … 続きを読む

page top