【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

2019年12月3日 / 18:05

 一方、6日公開の『ラスト・クリスマス』は、歌手になる夢がかなわず、荒れた生活を送りながらクリスマスショップで働くケイト(エミリア・クラーク)の前に、好青年のトム(ヘンリー・ゴールディング)が現れる。ケイトはトムに心引かれるが、彼にはある秘密があったという話。

(C)Universal Pictures

 同名タイトル曲のほか、ワム!とジョージ・マイケルの曲に乗って展開するほろ苦く切ないクリスマスストーリーだ。ミシェル・ヨーがクリスマスショップのオーナーを演じたほか、ケイトの母親役を演じたエマ・トンプソンが脚本を書き、『ゴーストバスターズ』(16)などのポール・フェイグが監督をしている。

 よくあるクリスマスの奇跡話の中に、移民、ホームレス、LGBTなどの問題を盛り込んでいるところが今風で、クラークがだんだんとかわいらしく見えてくるのがキーポイント。トンプソンが癖の強い、言葉に訛りがある東欧移民に扮(ふん)して、“メリル・ストリープ化”していたのには驚いた。

 これは余談だが、ワム!の「ラスト・クリスマス」(84)は、藤子・F・不二雄原作、森田芳光監督の『未来の想い出 Last Christmas』(92)でも主題歌として使われた名曲だが、バブルの頃に街中に流れていた印象が強いので、その恩恵にあずかれなかった者としては、聴くと複雑な思いがするのは否めない。(田中雄二)

  • 1
  • 2
 

アクセスランキング RANKING

page top