【演劇コラム】おなじみの有名人も登場! ゴールデンウイーク以降の注目作品(ミュージカル編)

2019年5月3日 / 12:00

 TV番組でも取り上げられる機会が増えてきた演劇作品。一度は観劇をしてみたいと思いつつも、劇場という場所を壁に感じて二の足を踏んでしまう人も少なくないのでは。ならばTVや映画でよく見知った有名人をきっかけにして、初観劇に一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。ゴールデンウイークから秋口までの注目作品をミュージカル編、ストレートプレー編に分けて紹介する。まずはミュージカル編から。

「レ・ミゼラブル」斎藤司

 現在、上演中のミュージカル「レ・ミゼラブル」(5月28日まで都内・帝国劇場)。その目玉の一つが新キャストの顔触れだ。とりわけ「斎藤さんだぞ?」のネタでおなじみ、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が世界的な大作ミュージカルに出演、と報じられたときは、演劇、お笑いのファンを問わず、大騒ぎになったことは記憶に新しい。斎藤が演じるのはごうつく張りの宿屋の主人テナルディエ。チケット入手が激戦必至の舞台だが、チャンスがあれば一度は見てほしい名作だ。

 

page top