【2.5次元】リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!インタビュー 後藤恭路&滝澤諒&松田凌「お客さまをゾクゾクさせたい」

2019年9月19日 / 13:04

―本番に向けて、さらに体作りをしていくことになると思いますが、どのような準備をしようと思っていますか。

滝澤 もう大変です(笑)。体を作るのはなかなか一筋縄ではいかないことですが、積み重ねてきたものがそのまま形になると思っているので、個人で作っていくのはもちろんですが、座組みで切磋琢磨し合っていきたいと思っています。

松田 でも、(後藤は)シュートボクシングやっているからもう仕上がっているでしょう?

後藤 今までは自重トレーニングしかやっていなかったので、もっと筋肉を大きくするために器具も使ってトレーニングしようと思っています。

―松田さんは、以前、水泳を題材にした舞台にも出演されて、その時も体作りをされたと思いますが。

松田 はい、でも水泳とはまったく違う体作りになると思います。僕は役柄的にも、(自分の)体格的にもウエイトをつけないといけないので、トレーニングをしてしっかりとパンプアップしていくことを目指しています。といかく、食べて、鍛えて、食べて、鍛えてと、今からやっています。

―改めて、公演への意気込みを。

松田 新しく世の中に打ち出すお芝居になると思うので、すごく挑戦的なものになると思います。今日(取材日)、初めて後藤くんとお話ししたのですが、選ばれるべくして一歩になった方なんじゃないかなと改めて思いました。そんな後藤くんと一緒に新しい一歩を踏み出せたらいいなと思います。

滝澤 タイトルに「リアルファイティング」とある通り、リアルなものをお見せして、お客さまをゾクゾクさせたいなと思います。役者がボクシングをやるのではなく、ボクサーがボクシングをやっているように感じて頂けるのがベストだと思っているので、そういったリアリティーを出せるように頑張っていきたいと思います。

後藤 こんなに大きな役をいただいたのは初めてで、不安な気持ちがありますが、その不安な気持ちを消せるように、皆さんからいろいろと吸収して、いろいろと学んで、努力して、不安な気持ちがなくなるように頑張っていきたいと思っています。絶対感動する作品にしたいと思いますので、ぜひ劇場にお越しください!

(取材・文・写真/嶋田真己)

 リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!は、2020年1月31日~2月9日に都内・品川プリンスホテル ステラボールで上演。

リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!! (C)森川ジョージ/講談社・ネルケプランニング

  • 1
  • 2
 

page top